仮想通貨Alchemix(アルケミックス/ALCX)とは?特徴や将来性、取引所での買い方を解説

暗号資産

あなたは、仮想通貨Alchemix(ALCX)について以下のような疑問はありませんか?

この記事で解決できる疑問
  • 仮想通貨Alchemix(アルケミックス/ALCX)とは?
  • Alchemix(ALCX)の特徴は?
  • Alchemix(ALCX)の将来性は?
  • Alchemix(ALCX)の買い方、取引所での購入手順は?

この記事では、上記のような悩みについてお答えしていきます。

Alchemix(ALCX)という仮想通貨は、特別な方法でお金を増やすことができるシステムを持っています。その方法とは、「未来の利回りを先取りする」というものです。

がく
がく

具体的には、DAIという仮想通貨をAlchemixに預けると、その預けたお金が自動的に投資されて利益を生み出します。そして、その生み出した利益はあらかじめ自分のものにすることができるんです。

これが「未来の利回りを先取りできる」という意味で、Alchemix(ALCX)は大きな注目を集めています。

そこで今回は、Alchemix(ALCX)とはどのような仮想通貨なのかや、その特徴、将来性、取引所での買い方(購入手順)についてわかりやすく解説していきます。

Alchemix(ALCX)はこれからもその動向から目が離せない仮想通貨ですので、ぜひ本記事でチェックしておきましょう。

なお、ALCXのベストな買い方は、コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を購入し、取扱のある海外取引所Gate.ioに送金する流れです。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会に口座開設をサクッと済ませておきましょう。

\アプリダウンロード数No.1/

 

Alchemix(アルケミックス/ALCX)とは?

名称Alchemix
ティッカーALCX
ブロックチェーンイーサリアム
(ERC-20)
取扱取引所Gate.io
公式ツイッター@AlchemixFi
公式サイトhttps://alchemix.fi/

Alchemix(アルケミックス/ALCX)は、DeFiプラットフォームを提供する仮想通貨プロジェクトです。

Alchemix(ALCX)は、ユーザーが仮想通貨を担保にローンを借りることができるという新たなモデルを提供しています。

そのために仮想通貨のAlchemixトークン(ALCX)が使用されます。

Alchemix(ALCX)の仕組みは、銀行でお金を借りるようなものですが、その返済方法が「未来の利回りを先取り」するような、非常に面白い方法です。

まず、ユーザーは自分の仮想通貨(たとえばビットコインやイーサリアムなど)をAlchemixに預けます。それを担保として、Alchemixから米ドルに連動するステーブルコインを借りることができます。

この借りられる割合は担保の50%までですので、「あなたが私に100ドルを預けてくれれば、私はあなたに50ドルを貸します」という感じです。

がく
がく

そして、預けた資産は、Alchemix(ALCX)によってより多くのお金を生むような他のプロジェクトに投資されます。

そして、Alchemix(ALCX)はその利益から、あなたが借りたお金の返済に使われます。ですから、あなたは直接お金を返す必要がないのです。

これがAlchemixの主な仕組みです。また、AlchemixのALCXトークンはガバナンストークンであり、プラットフォームのルールを決めるときに投票権としても使えます。

Alchemixの一番基本的な使い方(alUSDを借りる流れ)

Alchemix(アルケミックス/ALCX)の使い方は一見難しそうに見えるかもしれませんが、基本的な仕組みは比較的簡単です。

ここでは、Alchemix(ALCX)の一番基本的な使い方について詳しく説明します。

まず、Alchemixは、合成デリバティブと呼ばれる特殊な通貨「alUSD」で始まりました。

この「alUSD」は、仮想通貨の1つである「DAI」を使ってAlchemix上で「鋳造」されます。この「鋳造」とは、新たに仮想通貨を生成することを指します。

Alchemixのスマートコントラクトに「DAI」を預けるときには、スマートコントラクトを使います。スマートコントラクトとは、特定の条件を満たすと自動的に実行される契約の一種です。この場合の条件は、「DAI」を預けるという行動です。

そして、「DAI」を預けると、その最大50%までの価値を持つ米ドル連動のステーブルコイン「alUSD」が新たに鋳造されます。例えば、100DAIを預けると、最大で50alUSDが新たに生成されるわけです。

この生成された「alUSD」は、預けた「DAI」と同じ価値を持ちます。つまり、1DAI = 1alUSDの比率で交換されます。

この「alUSD」はあなたが借りたお金で自由に使えます。預けた「DAI」の価値を保持したまま、さらなる利益を生み出すために活用することがもできます。

【初心者向け】ステーブルコインとは?

上級者の方は読み飛ばしてもかまいません。

Alchemix(ALCX)の「alUSD」はステーブルコインと呼ばれる一種の仮想通貨で、その価値が実際の米ドルと連動しています。

ステーブルコインとは、一般にある具体的な価値(例えば1米ドル)と連動するように設計されています。そのため、実際の通貨と比較して価値が安定しているという特徴があります。

そして、「alUSD」は、このステーブルコインの1つで、その価値が1米ドルと連動しています。つまり、1alUSDは常に1米ドルの価値を持つというわけです。

 

こちらをクリックでALCXの買い方を見る↓

 

Alchemix(アルケミックス/ALCX)の特徴は?

Alchemix(アルケミックス/ALCX)の主な特徴を以下のポイントにまとめましたので、順番に解説していきます。

  • Alchemixは担保の最大50%の資産を借りられる
  • Alchemixは清算のリスクゼロで借りられる
  • Yearn.Finance(ヤーン・ファイナンス)で得られる利益を「先取り」

Alchemixは担保の最大50%の資産を借りられる

Alchemix(アルケミックス/ALCX)を使うと、あなたが仮想通貨(DAI)などを預けると、その最大50%の金額を新しい仮想通貨「alUSD」として借りることができるという特徴を持っています。

この借りた「alUSD」は、あなたが何に使うかは自由です。新しい投資に使ったり、現金化したり、またはただ保持しておくだけでも構いません。

50%も借りたら返済が大変だ、と思うかも知れません。

しかし、あなたが担保としてAlchemix(ALCX)に預けた仮想通貨は、自動的にAlchemixが他の場所で利益を生むために運用します。

その利益で返済がおこなわれるので、あなた自身が直接返す必要はありません。

このように、Alchemix(ALCX)には預けた資産の最大50%を借りて利用でき、さらにそれが自動的に返済されるという画期的な仕組みを持ったDeFiプラットフォームとなっています。

Alchemixは清算のリスクゼロで借りられる

Alchemix(アルケミックス/ALCX)は、トークンの「清算」のリスクがなくお金を借りられるという特徴を持っています。

でも、DeFiの清算とは一体何でしょうか?

がく
がく

それを理解するために、まずは普通の借金について考えてみましょう。

たとえば銀行から住宅ローンを借りるとき、あなたは銀行に返済計画を約束します。

しかし、返済が滞ると、銀行はあなたの担保(家など)を取り上げて(これが「清算」です)、それを売って借りたお金を取り戻すことになるでしょう。

多くの仮想通貨のDeFiでも同様に清算のリスクがあります。

しかしAlchemixの場合は、Alchemixがあなたに変わって自動で他のプロジェクトに投資をおこなって返却することになっているので、あなた清算のリスクはゼロです。

Alchemix(ALCX)はDeFiに新しい仕組みを提供したことで、その将来性に大いに期待が寄せられています。

Yearn.Finance(ヤーン・ファイナンス)で得られる利益を「先取り」

Alchemix(ALCX)のローンの仕組みは、Yearn.Finance(ヤーン・ファイナンス)で得られる利益を「先取り」するものです。

Alchemix(ALCX)にユーザーがDAIを担保に預けると、Alchemixはイールドファーミングという手法を使って利息を生むYearn.Financeに投資します。

yearn.finance

「Yearn.Finance(ヤーン・ファイナンス)」は、仮想通貨を預けることで最高の利息を提供する場所を自動的に見つけてくれるサービスです。

つまり、AlchemixはDAIを「Yearn.Finance」に預け、そこで最高の利回りを得ることを目指すわけです。

Alchemix(ALCX)は、預けたDAIが自動的に働いて利息を生み出し、それがローンの返済に充てられるという意味で、あなたの変わりにYearn.Financeで運用してくれるサービスということもできます。

Alchemix(アルケミックス/ALCX)で結局何ができる?個人の使い道3つ

仮想通貨Alchemix(ALCX)の具体的な活用メリットは3つを解説します。

  • 予期せぬ出費への対応
  • 新たな収入源の確保
  • 別の投資先へのリスクヘッジ

Alchemixの活用例①予期せぬ出費への対応

Alchemix(アルケミックス/ALCX)は予期せぬ出費への対応に活用できます。

生活には常に予想外の出費が発生しますよね。たとえば、自動車の修理費用や医療費など。そんな時、Alchemix(ALCX)に手持ちの仮想通貨を預けることで、最大50%のalUSDを、DAIなどの資産を売ること無く手に入れることができます。また、預けたDAIなどの仮想通貨その後も利息を生み出すので、返済を助ける働きも持っています。

Alchemixの活用例②新たな収入源の確保

Alchemix(アルケミックス/ALCX)は、利子という収入源を得るのにも活用できます。

Alchemix(ALCX)では、ユーザーがプラットフォームに資金を預けると、その資金がDeFi(分散型金融)プロジェクトに投資されて利息を生み出します。逆に言えば、Alchemix(ALCX)は未来の利回りを一括で先取りできるので、返済が不要な新たな資産運用手段としても優秀です。

Alchemixの活用例③別の投資先へのリスクヘッジ

Alchemix(アルケミックス/ALCX)は、預けた仮想通貨の最大50%の金額でalUSDとして借りることができ、現金化することも、他の投資に回すことも可能です。

ですので、他の仮想通貨や株、不動産などに投資したりして、仮想通貨に偏った資産のリスクヘッジに使うこともできるでしょう。

 

こちらをクリックでALCXの買い方を見る↓

 

Alchemix(アルケミックス/ALCX)の将来性は?

Alchemix(アルケミックス/ALCX)の将来性を以下のポイントにまとめましたので、詳しくみていきましょう。

  • 有名セキュリティ企業「Certik」による厳密な監査に合格
  • ALCXトークンは世界的取引所に上場済み

有名セキュリティ企業「Certik」による厳密な監査に合格

Alchemix(アルケミックス/ALCX)は、信頼性が高いと評価されている仮想通貨です。

その1つの理由は、Alchemix(ALCX)が「Certik」という有名なブロックチェーンセキュリティ企業による厳密な監査に合格しているからです。

Certik

Certikは、ブロックチェーン技術を用いた各種プロジェクトや、仮想通貨の安全性をチェックするための会社です。コードを見直し、セキュリティの欠陥や脆弱性がないかを評価します。

このプロセスを「監査」と呼びます。

Alchemix(ALCX)がCertik監査に合格しているということは、Alchemix(ALCX)のシステムが厳密な評価を経て、安全性と信頼性が確認された証と言えます。

有名なCertik監査に合格していることは、ユーザーにとって大きな安心感をもたらしますので、ALCXの価格にとっても追い風になります。

ALCXトークンは世界的取引所に上場済み

Alchemix(アルケミックス/ALCX)はその高い信頼性で厳格な上場審査を通過し、世界最大級の仮想通貨取引所であるバイナンスやコインベースに上場を果たしています。

Alchemixがセキュリティ対策、仮想通貨としてのビジネスモデルなどの将来性がこれらの取引所の厳格な審査基準を満たしている証拠です。

特に、コインベースはバイナンス以上に審査が厳格ですので、上場でAlchemix(ALCX)が世界的に徐々にメジャー通貨の仲間入りをしていく流れは濃厚です。

がく
がく

ただし現状、バイナンスとコインベースは日本居住者の利用を受け付けていません。そのため、草コインを取引するうえで定番の取引所であるGate.io(ゲート)を使って、Alchemix(ALCX)を取引しましょう。

Gate.ioは日本居住者でも問題なく取引することが可能です。

取り扱い通貨1,555種類!

 

Alchemix(アルケミックス/ALCX)の価格チャート推移

仮想通貨Alchemix(ALCX)は、ガバナンストークンです。ガバナンストークンのホルダーは、Alchemixのシステムに対して投票権を持つため、プラットフォームの未来を決める権利を持った一員となることができます。

Alchemix(ALCX)が成長し、ユーザーが増えると、同時にガバナンストークンとしてのALCXの需要は増えていきます。これにより、ALCXの価格が上昇する可能性があります。

そうした背景をふまえて、過去2022年1月~現在までのAlchemix(ALCX)の価格チャートの推移をみていきましょう。

2022年1月~12月(ALCX/USD)

2023年1月~現在(ALCX/USD)

Alchemix(アルケミックス/ALCX)の買い方・取引所での購入方法

仮想通貨Alchemix(アルケミックス/ALCX)のベストかつ、もっとも手っ取り早い買い方は以下のステップとなります。

  • 買い方手順①コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を買う
  • 買い方手順②Gate.ioにXRPを送る
  • 買い方手順③Gate.ioでXRPをALCXに交換する

順番に解説します。

買い方手順①コインチェックでXRPを買う

仮想通貨ALCXは、送金手数料の安い仮想通貨XRP(リップル)を経由して購入すると節約になるため、仮想通貨取引所でXRPを入手しましょう。

稼いだ仮想通貨を日本円に交換するためにも、あらかじめ国内の取引所を開設しておくと便利です。

XRPが購入できるコインチェック(Coincheck)の登録がお済みでない方は、以下より口座開設を先に済ませます。

最短5分で口座開設

 

上記で口座開設と、コインチェックへの日本円の入金を済ませたら、コインチェックでXRPを購入します。

コインチェックにログイン後、①販売所をクリック、②XRPを選択、③購入するXRP量を入力、④購入するをクリックしてください。

買い方手順②Gate.ioにXRPを送る

次に、海外取引所Gate.io(ゲート)へXRPを送金します。

Gate.ioは、ALCXの購入に必要なため、まだGate.ioの口座をお持ちでない方はGate.io(ゲート)公式サイトより開設しておきましょう。

取り扱い通貨1,555種類!

 

次に、コインチェックにログインし、「暗号資産の送金」をクリックします。続けて「送金する通貨」「送金先」「送金目的」「送金額」などを入力していきます。完了したら、最後に「次へ」を押しましょう。

なお、上の画像の「送金先」には、Gate.ioの入金アドレスをコピー&ペーストで入力してください。

Gate.ioの入金アドレスを取得するには、Gate.ioにログインします。

そして、「ウォレット」→「クラシック口座」→「現物口座」をクリックします。

以下の画面になるので、「入金」をクリックします。

オンチェーン入金を選択し、「入金」ボタンをクリックしましょう。

最後に、「通貨」メニューから入金したい通貨を選択し、その通貨のブロックチェーンネットワークを選択します。その後、入金アドレスをコピーします。

買い方手順③Gate.ioで仮想通貨ALCXを購入する

Gate.ioで画面上部の「取引」をクリックし、「現物取引」を選択すると表示される「検索」の窓で通貨ペアを探します。ここで、XRPをALCXに交換しましょう。

XRP→ALCXは直接的には交換できないので、まず「XRP/USDT」でUSDTに交換してから、「ALCX/USDT」の通貨ペアでALCXに交換すれば完了です。

Alchemix(アルケミックス/ALCX)まとめ

今回はAlchemix(アルケミックス/ALCX)とはどのような仮想通貨なのかや、特徴、将来性、取引所での買い方について解説してきました。

仮想通貨Alchemix(アルケミックス/ALCX)のベストかつ、もっとも手っ取り早い買い方は以下のステップとなります。

  • 買い方手順①コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を買う
  • 買い方手順②Gate.ioにXRPを送る
  • 買い方手順③Gate.ioでXRPをALCXに交換する

Alchemix(ALCX)は、自動返済式のローンシステム、ステーブルコイン「alUSD」の提供、そしてユーザーがプラットフォームの方針を決めるガバナンストークン「ALCX」の存在が注目を集める仮想通貨プロジェクトです。

今後のシナリオとしては、Alchemix(ALCX)のローン利用ユーザー数が増え続けることによるALCXの価格上昇に期待です。

ユーザー数が増えると、その結果としてALCXの需要が増え、価格が上昇する可能性があります。

もちろん、忘れてはいけないのが、仮想通貨にはリスクもあります。

アルトコインへの投資はハイリスクハイリターンですが、少額投資であれば、それを差し引いてもポテンシャルが高く魅力的な銘柄ですので、私はAlchemix(ALCX)へ投資をしてみようと考えています。

もしあなたも共感したら、Alchemix(ALCX)を取引してみてはいかがでしょうか?

最後に、ALCXのベストな買い方は、コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を購入し、取扱のある海外取引所Gate.ioに送金する流れです。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会に口座開設をサクッと済ませておきましょう。

\アプリダウンロード数No.1/

 

コメント