海外仮想通貨取引所おすすめランキング10選|各取引所メリット・デメリットを徹底比較

暗号資産

あなたは海外の仮想通貨取引所選びについて、以下のように悩んでいませんか?

  • ズバリ、海外のおすすめ仮想通貨取引所はどこ?
  • 海外の仮想通貨取引所の利用に違法性はないらしいけど、リスクはないの?
  • 海外の仮想通貨取引所の総合ランキングを一覧でチェックしたい

この記事では、これらの悩みにお答えします。

「①誰にでも推奨できる定番かつ人気の海外取引所」から「②あなたの場合、どの海外取引所が適しているのか?」まで100%理解できる内容となっています。

結論:迷ったら「bybit」がおすすめ
  • 取引所は「国内」と「海外」に分けられ、国内ならCoincheckがおすすめで、海外ならbybit(バイビット)がおすすめ
  • すでにBybitに口座開設している方のサブ口座としては取り扱い通貨数が1,500以上と最多クラスのMEXCがおすすめ
  • 元手資金が少ない方はボーナスやキャンペーンで資金がもらえたり割引されたりするサービスが充実しているZoomex(ズームex)FXGTがおすすめ
  • 信頼性、手数料、取り扱い通貨数、最大レバレッジ、日本語対応など総合力ならbybitが1位

ここから無料で口座開設できます


海外取引所ランキング1位~10位の一覧表をまずはチェック

詳細通貨数手数料レバレッジゼロカット日本語スマホアプリ設立
1位 bybit
詳細ページ≫330Maker -0.025%
Taker 0.075%
100倍2018年
2位 Zoomex
詳細ページ≫170以上Maker 0.02%
Taker 0.06%
100倍2021年
3位 Binance
詳細ページ≫386~0.1%20倍2017年
4位 MEXC
詳細ページ≫14890.2%125倍2018年
5位 CryptoGT
詳細ページ≫60以上無料500倍2018年
6位 Bitget詳細ページ≫395Maker 0.02%
Taker 0.06%
100倍2018年
7位 KuCoin詳細ページ≫768Maker 0.02%
Taker 0.06%
100倍2017年
8位 OKX詳細ページ≫352Maker 0.02%
Taker 0.05%
100倍×2017年
9位 FXGT詳細ページ≫150通貨ペア以上無料1,000倍2019年(セ
10位 Gate.io詳細ページ≫15550.055~0.2%現物のみ2013年

海外仮想通貨取引所の選び方・選ぶポイント5つ

海外の仮想通貨取引所には多くの種類があり、それぞれに特色・特徴がありますが、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

結論、海外取引所を選ぶ際には以下の5つのポイントを総合的にチェックするのが正解です。

  • 「交換業者としての安心感」
  • 「取り扱い通貨数」
  • 「手数料の安さ」
  • 「最大レバレッジ」
  • 「日本語表示対応」

それぞれのポイントがどのようなもので、なぜ大切なのかを順番に解説します。

①交換業者としての安心感

海外の仮想通貨取引所でまず重要なのは、取引所(交換所)としての信頼性です。

信頼性とは具体的に、

  • 仮想通貨業界でのシェアの高さ・規模
  • セキュリティへの公表されている取り組み
  • 万が一の際の保障制度

などを確認するようにします。

交換業者としての安心感を考えると、人気かつ定番の海外取引所bybit(バイビット)は基準を満たしておりオススメできます。

②取り扱い通貨の多さ

海外取引所を選ぶ上で、豊富な仮想通貨の取り扱いラインナップも重要な要素のひとつです。

取り扱い通貨数が少ないと、予想以上の買いたい通貨が買えないストレスを感じます。

また、取り扱い通貨数が少ないと投資チャンスを逃しやすいというデメリットもあります。

bybit以上に取り扱い通貨数が豊富な海外取引所としては、業界最大級の約1,500の仮想通貨をサポートするMEXCがおすすめです

③手数料の安さ

手数料の安い海外取引所を選ぶことは、長期的に積み重なるコストを抑える上で大切です。

仮想通貨取引所の主な2つの手数料として、

  • 仮想通貨の売買時にかかる「取引手数料」
  • 取引所への仮想通貨の入金・出金にかかる「入出金手数料」

の2種類があるため、それぞれを比較することになります。

④最大レバレッジ

最大レバレッジの高さは、海外取引所ならではのメリットです。

レバレッジとは、元手より大きな金額を取引できる仕組みのことです。レバレッジが高いと、資金効率を高めて効率よくトレードで利益を出すことが期待できます。

たとえば1万円の入金でも、20倍のレバレッジなら20万円相当100倍なら100万円相当の取引が可能です。

もちろんレバレッジを下げることは簡単にできますので、レバレッジの高い海外取引所のほうが自由度は高いということになります。

⑤日本語表示対応

日本人が海外の仮想通貨取引所を使う上で盲点になりやすいのが、日本語表示への対応です。

BybitやBinanceはもちろん、この記事に登場するほとんどの定番取引所は、日本ユーザーも多く日本語表記には問題なく対応しています。

ただし、この記事にないようなマイナーな取引所では、英語や母国語の表記のみとなっているケースがあるため注意が必要です。

海外取引所おすすめランキングTOP10を紹介!

おすすめの海外仮想通貨取引所ランキング1位~10位をそれぞれの取引所ごとに詳しく解説していきます。

第1位 bybit(バイビット)

bybitの概要
取扱通貨数 330銘柄
497通貨ペア
手数料 現物 0.1%
Maker -0.025%
Taker 0.075%
最大レバレッジ 100倍
ゼロカット制度
日本語対応
スマホアプリ
設立 2018年(シンガポール)

海外の仮想通貨取引所ランキング1位は、bybit(バイビット)です。

bybitの最大の特徴は、総合力の高さです。「信頼性」「手数料の安さ」「最大レバレッジ」「取り扱い通貨数」のどの項目をみても死角はありません。

メリット
  • 迷ったらbybitだけ1本で海外取引所は完結させられる
  • レバレッジ取引に強く、短期トレードの定番
  • 最近は現物取引も強く、330銘柄が上場している
  • 取引手数料がやすく、Makerは-0.025%と手数料が逆にもらえるマイナス手数料
  • 入出金手数料が無料
デメリット
  • 特になし。強いて言えばTakerの手数料0.075%は高くはないが平凡
迷ったら人気No.1のbybit


第2位 Zoomex(ズームex)

Zoomexの概要
取扱通貨数 170以上
手数料 Maker 0.02%
Taker 0.06%
最大レバレッジ 100倍
ゼロカット制度
日本語対応
スマホアプリ
設立 2021年(シンガポール)

海外取引所おすすめランキングの第2位は、Zoomex(ズームex)です。

Zoomexの最大の特徴は、元手が少ない方にはありがたいボーナスやクーポンが充実していることです。具体的には、

  • 10,000ドル以上の初回入金で200ドル
  • 1,000ドル以上の初回入金で30ドル
  • 携帯番号でアカウント登録/認証して10ドル
  • デリバティブ取引で累計取引高2,000ドルを達成で5ドル
  • デリバティブ取引で継続取引高100,000ドルを達成して25ドル

といったボーナスやクーポンがもらえます。

上記はごく一部で、まだまだ軽い条件のボーナスが多数あります。

そのためZoomexは、ボーナスを元にコツコツと増やしていきたい方や、リスクのないボーナスで思い切った取引を試してみたい方にもおすすめできる海外仮想通貨取引所となっています。

メリット
  • ボーナスをうまくハックすると、利益を倍増させられる
  • 今後伸びてきそうな海外取引所。すでに河北麻友子やJリーグ「サガン鳥栖」と契約するなど存在感大
  • もちろん日本語にも完全対応
デメリット
  • 2021年と設立が新しい点で不安を覚える方もいるかも
ボーナスでお得に始めるならココ!


第3位 Binance(バイナンス)

Binanceの概要
取扱通貨数 386銘柄
1689通貨ペア
手数料 ~0.1%
最大レバレッジ 20倍
ゼロカット制度
日本語対応
スマホアプリ
設立 2017年(香港)

海外の仮想通貨取引所おすすめランキング第3位は、Binance(バイナンス)です。

Binanceの最大の特徴は、世界最大の仮想通貨取引所であるということ。圧倒的な流動性で386の仮想通貨を取引できるだけではなく、IEO(信頼性の高い新規仮想通貨への投資)機能や、NFTサービスも充実しています。

セキュリティも非常に高く評価されており、これといった大きな欠点はありません。

メリット
  • Bybitと並んで最高レベルの信頼性がある
  • 386の仮想通貨を取引することができ、bybitの取り扱い通貨330より多い
  • 取引手数料が安い
デメリット
  • 最大レバレッジが20倍と他社より低い
  • Binanceはステーブルコインの「USDT」と「USDC」が使えない
  • ハッキングを受けた過去もある(顧客の被害は0)
世界最大の仮想通貨取引所で始めよう


第4位 MEXC(MXC)

MEXCの概要
取扱通貨数 1489銘柄
1699通貨ペア
手数料 0.2%
最大レバレッジ 125倍
ゼロカット制度
日本語対応
スマホアプリ
設立 2018年(シンガポール)

おすすめの海外仮想通貨取引所ランキング第4位は、MEXC(MXC)です。

MEXCの最大の特徴は、取り扱い通貨数が約1,500銘柄と圧倒的なラインナップであることです。

また、ユーザー数は200万以上でIEOの取り扱いもあり、信頼性を含めた総合力の高い定番の海外取引所となっています。

メリット
  • 1489種類の圧倒の仮想通貨の取り扱い数
  • MEXCが発行する「MXトークン」保有で手数料の割引が受けられる
  • 有望なアルトコインの上場が早いので、将来Binanceなどに上場して値上がりする銘柄の発掘に便利
  • 日本語表記にも対応
デメリット
  • 取引手数料0.2%は海外取引所では平凡
約1,500銘柄から有力アルトコインを発掘!


第5位 CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGTの概要
取扱通貨数 60種類以上
手数料 無料
最大レバレッジ 500倍
ゼロカット制度
日本語対応
スマホアプリ
設立 2018年(キプロス共和国)

海外仮想通貨取引所おすすめランキング第5位は、CryptoGT(クリプトGT)です。

CryptoGTの特徴は、最大レバレッジが500倍と非常に高いことです。

また、仮想通貨取引だけではなく株価指数、為替(FX)など幅広い商品を取引できます。

さまざまな投資対象をひとまとめにハイレバレッジで短期トレードをしたい方におすすめの海外取引所です。

メリット
  • 最大レバレッジ500倍で資金効率の高い取引が可能
  • 取引手数料が無料
  • セキュリティに注力しており安心して取引ができる
デメリット
  • スワップポイントがマイナスなので、長期保有には不向きなケースも
  • 現物取引には未対応
最大レバレッジ500倍!


第6位 Bitget

Bitgetの概要
取扱通貨数 395銘柄
530通貨ペア
手数料 現物 0.1%
Maker 0.02%
Taker 0.06%
最大レバレッジ 100倍
ゼロカット制度
日本語対応
スマホアプリ
設立 2018年(シンガポール)

おすすめの海外仮想通貨取引所ランキング第7位は、Bitgetです。

Bitgetの最大の特徴は、コピートレードに対応していることです。

コピートレードとは、対象となるプロトレーダーの取引とあなたの口座を紐付け、プロトレーダーの取引をそのまま自動でコピーできるサービスです。

主要な海外の仮想通貨取引所でコピトレに対応しているのはBitgetのみであるため、コピートレードをしたい方は最有力候補となります。

メリット
  • 取引量が多いため流動性は高く、メインの取引所としての利用にも耐えうる
  • Bitgetが発行する独自の仮想通貨BGBを保有すると、手数料の割引特典が受けられる
デメリット
  • コピトレは必ず勝てるとは限らない
  • Bitgetはコピトレサービスを利用しない人にとっては平凡な取引所と言える
コピトレするなら迷わずココ!


第7位 KuCoin(クーコイン)

KuCoinの概要
取扱通貨数 768銘柄
1390通貨ペア
手数料 現物 0.1%
Maker 0.02%
Taker 0.06%
最大レバレッジ 100倍
ゼロカット制度
日本語対応
スマホアプリ
設立 2017年(香港)

海外の仮想通貨取引所おすすめランキングの第7位は、KuCoin(クーコイン)です。

KuCoinの最大の特徴は、bybitやBinanceに迫る非常に高い総合力を持っていることです。768通貨と他社よりもラインナップが豊富かつ、取引量も常に世界TOPクラスを維持しています。

現物の取引手数料は0.1%と安いため、bybitやBinanceと合わせて口座を保有しておいてもいいでしょう。

メリット
  • 取り扱い通貨数が768と多い
  • クーコイントークン(KCS)の保有で手数料20%割引が受けられる
  • 現物、レバレッジ取引に加え、レンディング、IEO(ローンチパッド)機能を備えており多機能
デメリット
  • 各機能の総合力は高いが、特筆すべき特徴が少ない
メイン口座に最適な768通貨対応のKuCoin


第8位 OKX(OKEx)

OKXの概要
取扱通貨数 352銘柄
784通貨ペア
手数料 現物 0.1%
Maker 0.02%
Taker 0.05%
最大レバレッジ 100倍
ゼロカット制度
日本語対応 ×
スマホアプリ
設立 2017年(中国)

海外仮想通貨取引所ランキングの第8位は、OKX(OKEx)です。

OKXの最大の特徴は、取引量が世界TOPクラスであることです。

また「Bitcoin Mining Pool」というマイニング機能を備えており、仮想通貨を採掘することで報酬を得ることが可能です。

ただし、OKXは日本語表記には未対応ですので注意しましょう。

メリット
  • 流動性が高い(取引量が多い)
  • IEOがあるため、審査を経た有力な新規アルトコインに投資できる
  • ステーキング機能が豊富なので、トレード以外に利益を得る手段が多い
デメリット
  • 日本語表記に未対応
取引量世界TOPクラスの安心感


第9位 FXGT

FXGTの概要
取扱通貨数 150通貨ペア以上
手数料 無料(スプレッドあり)
最大レバレッジ 1,000倍
ゼロカット制度
日本語対応
スマホアプリ
設立 2019年(セーシェル共和国)

海外仮想通貨取引所おすすめランキング第9位は、FXGTです。

FXGTの特徴は、最大レバレッジ1,000倍と非常に資金効率が高い取引ができることです。また、FX(為替)、株価指数、貴金属、エネルギー指数も取引可能となっています。

さらにはボーナスが豊富で、

  • 新規登録で10,000円ボーナス進呈
  • 初回100%入金ボーナス進呈(入金額の2倍で取引可能)
  • 常時50%入金ボーナス進呈(入金額の1.5倍で取引可能)

という太っ腹キャンペーンを実施しているので、ボーナスだけをコツコツ取引したり、リスクなくボーナスでハイレバ短期トレードしたい方にもおすすめです。

メリット
  • 最大レバレッジ1,000倍
  • FX(為替)、株価指数、貴金属、エネルギー指数もゼロカット制度有効
  • 取引手数料無料
  • 顧客資産を分別管理しているため、セキュリティや安全性が高い
デメリット
  • 仮想通貨に限ると取り扱い通貨は少なめ
  • 常に1,000倍で取引はできない(残高に応じて制限あり)
破格ボーナスでレバレッジ1,000倍を体感!


第10位 Gate.io

Gate.ioの概要
取扱通貨数 1555銘柄
2579通貨ペア
手数料 現物 0.055~0.2%
最大レバレッジ 1倍(現物のみ)
ゼロカット制度 ――
日本語対応
スマホアプリ
設立 2013年(中国)

海外仮想通貨取引所おすすめランキング第10位は、Gate.ioです。

Gate.ioの最大の特徴は、取り扱い通貨1,555種類と圧倒的なラインナップです。

また、プロトレーダーの取引を完全にコピーできるコピートレード機能も有しているため、コピトレを利用したい方はBitgetとあわせて有力候補となります。

さらにGate.ioは、出来高も世界有数を誇るため、取引板の厚い環境でアルトコインを取引可能です。

メリット
  • 練習用の口座にも最適(アカウント開設で1000ドルのトライアル資金がもらえる)
  • 取り扱い通貨数が圧倒的で、MEXCとセットで開設すれば買えないコインはほぼなくなる
デメリット
  • 中国系の海外取引所であるため、規制面で不透明との指摘も
取り扱い通貨1,555種類!


海外の仮想通貨取引所を利用するメリット・デメリットとは

海外の仮想通貨取引所を利用する前に知っておきたい、国内取引所にはないメリットとデメリットを解説していきます。

海外仮想通貨取引所のメリット

海外の仮想通貨取引所には以下のメリットがあります。

最大レバレッジが高い

海外取引所にはレバレッジ規制がないため、最大1,000倍といった非常に高いレバレッジで取引することができます。

なお、国内の仮想通貨取引所は自主規制により最大2倍に制限されています。

ボーナスキャンペーンが豊富

海外仮想通貨取引所には、使わないともったいないキャンペーンが豊富です。たとえば、「ボーナス」という形で潤沢なトレード資金をもらえることもめずらしくありません。

ボーナスのインパクトは海外取引所を使うとわかりますが、非常に大きいです。ボーナスをフル活用することで、トレードの期待値を引き上げられるため、損益に明らかにプラスの影響を与えます。

国内の仮想通貨取引所には、原則としてこのような仕組みはありません。

プライバシー性が高い

海外仮想通貨取引所では、よほど大きな出金をするユーザーを除き、KYC(本人確認書類の提出)が不要です。そのため、プライバシーが守られます。

国内の仮想通貨取引所では、必ず取引を始める前に本人確認書類が必要です。

取り扱い通貨数が圧倒的に多い

海外の仮想通貨取引所は、取り扱い通貨のラインナップが圧倒的に多いです。そのため、取引チャンスを逃しません。

本格的に仮想通貨取引をする方は、いずれ国内の仮想通貨取引所では物足りなく感じるようになります。

ゼロカット制度で借金のリスクから守られる

100倍などの高いレバレッジをかけた状態でポジションを保有すると、一攫千金のチャンスもあります。一方で、値動きが逆行すると元手資金以上に損失が膨らみ、追証(事実上の借金)となるリスクもあります。

海外取引所ではゼロカット制度が有効であるため、原則として口座残高のマイナス分は取引業者が損失を補てんしてくれてプラスマイナスゼロでカットされます。

この借金を負うリスクがないゼロカット制度は、国内の仮想通貨取引所は一社も対応していません。

スプレッドが狭い

スプレッドは、国内よりも海外の仮想通貨取引所のほうが狭い傾向にあります。

スプレッドとは、「買い値」と「売り値」の差額のことで、取引をする人の事実上の取引コストとなります。取引手数料が安くてもスプレッドが広いと、支払うコストの合計は大きくなるため注意が必要です。

一般的にスプレッドの狭さは出来高の大きさと比例するため、取引コストを抑えたいならbybitなどの大手海外取引所を使うのがベターです。

海外仮想通貨取引所のデメリット

海外の仮想通貨取引所には以下のデメリットがあります。

日本の金融庁に未登録

海外の仮想通貨取引所はすべて、日本の金融庁からすると未登録業者に相当します。日本の金融庁からは実態がつかめないため、広く利用は推奨されていませんが、海外の仮想通貨取引所の利用はもちろん違法ではありません。

日本円の入金には未対応

海外の仮想通貨取引所には直接日本円を入金できません。そのため、国内の仮想通貨取引所Coincheckなどでビットコインなどの仮想通貨を購入し、海外取引所に送金することで入金できます。

利用には自己責任が求められる

海外の仮想通貨取引所の利用には自己責任が求められます。たとえば、取引所が倒産したり、ハッキングを受けたりして資金が流出すると、お金が戻ってこない可能性もあります。

国内の仮想通貨取引所では、どの業者を選んでも一定の信頼性は担保されています。しかし、海外の仮想通貨取引所はピンからキリまであるため、この記事でも取り上げたような定番の業者を使うことをおすすめします。

海外の仮想通貨取引所おすすめランキングまとめ

結論、海外の仮想通貨取引所が初めての方は、第1位のbybit(バイビット)を使うのがおすすめです。いずれは開設すべき定番の海外取引所ですので、メイン口座として早めに開設しておきましょう。

また、bybitをすでに使っている方は、目的に応じてサブ口座を開設してみてください。

海外の仮想通貨取引所の登録には本人確認書類の提出(KYC)は不要ですので、気軽に複数の取引所に登録してみてください。

迷ったら「bybit」がおすすめ
  • 取引所は「国内」と「海外」に分けられ、国内ならCoincheckがおすすめで、海外ならbybit(バイビット)がおすすめ
  • すでにBybitに口座開設している方のサブ口座としては取り扱い通貨数が1,500以上と最多クラスのMEXCがおすすめ
  • 元手資金が少ない方はボーナスやキャンペーンで資金がもらえたり割引されたりするサービスが充実しているZoomex(ズームex)FXGTがおすすめ
  • 信頼性、手数料、取り扱い通貨数、最大レバレッジ、日本語対応など総合力ならbybit

ここから無料で口座開設できます


コメント

タイトルとURLをコピーしました