メタマスクとTrust Walletのどっちを使うべき?【仮想通貨ウォレット比較】

暗号資産

メタマスクとTrust Walletを端的に比較します。

結論、スマホから使う場合、Trust Walletのほうが優れています。

PCから使う場合、Google拡張機能が使えるメタマスクを使いましょう。

Trust Walletとメタマスクの比較

Trust Wallet メタマスク
取り扱い通貨 とても多い 多い
秘密鍵 セルフホスト セルフホスト
匿名性
料金 無料 無料
クレジットカード購入
端末 iOS、Android iOS、Android
クローム拡張機能

Trust Walletとメタマスクは、どちらも仮想通貨の秘密鍵を自身で管理できる「セルフホスト型」のウォレットです。

ですのでセキュリティ的には対等です。

Trust Walletはスマホ(iOS、Android)のみに対応している点に注意してください。その代わり、メタマスクでは保管できないビットコインが保管できます。

ですので、使い分けとしては、

  • スマホ→Trust Wallet(スマホからの操作性に優れる)
  • PC→メタマスク

がベストです。

MetaMask(メタマスク)とは?

メタマスク(MetaMask)は、2016年に開始された日本でもっとも有名かつ利用ユーザーが多いと推定されるウォレットです。

Aaron Davis氏とDan Finlay氏が設立し、当初はイーサリアムのみ対応していましたが、現在はBSCなど多数のチェーンに対応しています。

ただしビットコイン(BTC)に対応していません。

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?

Trust Walletは2017年に作成された多数の仮想通貨に対応したウォレットです。

メタマスクよりも後発で、その分「使いやすさ」や「多機能さ」で優れていますが、日本での知名度は若干メタマスクよりも劣っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました