Trust Wallet Token(TWT)の特徴や将来性、買い方を解説【バイナンス推奨ウォレット】

暗号資産

Trust Wallet Token(TWT)は、世界最大の仮想通貨取引所のバイナンスも推奨している世界で最も有名な仮想通貨ウォレットの1つです。

「取引所に預けっぱなしのトークンを自前のウォレットに移動させたい」

こんなとき、Trust Wallet Token(TWT)はメタマスクと並び、有力候補です。

この記事では、

  • Trust Wallet Token(TWT)とは?
  • Trust Walletとメタマスクの比較
  • Trust Wallet Token(TWT)の将来性
  • TWTを購入する5つの正しいステップ

を解説していきます。

Trust Wallet Token (TWT) とは?

Trust Wallet Token(TWT)とは、Trust Walletが発行する仮想通貨の1つです。

Trust Walletは、仮想通貨を自身で管理するセルフホスト型のウォレットです。

名称 Trust Wallet Token
ティッカー TWT
ブロックチェーン BNB Smart Chain(BEP20)
BNB Beacon Chain上(BEP-2)
時価総額ランキング 51位(2022年11月)
時価総額合計 ¥115,188,880,351
公式サイト https://trustwallet.com/
ウォレットダウンロード App StoreGoogle Play
取り扱い MEXC、Binance

Trust Wallet Token(TWT)はガバナンストークンです。つまり、TWTを保有することで、以下のようなTrust Walletの運営方針を決める投票権を持つことができます。

  • ウォレットの機能について
  • ウォレットのアップデート方針について
  • その他の重要な仕様変更について

また、Trust Wallet Token(TWT)には、ガバナンス機能だけではなくユーティリティ機能もあります。つまり、TWTには以下の具体的な用途や使い道を意味があります。

  • 保有すると、Trust Wallet内のDEX(分散型取引所)手数料が割引される
  • 保有すると、Trust Wallet内で仮想通貨を購入する際に割引が受けられる

仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」とは

Trust Walletがどんなウォレットかを理解しておかないと、仮想通貨TWTについても理解できません。

そこで、仮想通貨ウォレットのTrust Walletについても理解しておきましょう。

Trust Walletは、「最も信頼できる安全な仮想通貨ウォレット」の1つです。

仮想通貨(NFT含む)を、

  • 購入
  • 保管
  • 交換

までオールインワンに活用できる便利さから、現在のユーザーは2,500 万人以上に達しています。

Trust Walletは仮想通貨を直接購入できる

クレジットカードを使うことで、

  • Bitcoin (BTC)
  • Ethereum (ETH)
  • Litecoin (LTC)
  • Tron (TRX)
  • Ripple (XRP)

がTrust Walletから直接購入できます。

ただし購入数量は最低50ドル(約7,000円)~上限20,000ドル(約280万円)です。

Trust Walletを使うと、コインチェックやビットフライヤー、Binanceなどの仮想通貨取引所を使うことなく、直接ウォレットで購入してそのままウォレット内に入金でき、大変便利です。

購入の流れは以下の簡単な手順となります。

  1. Trust Walletをスマホにインストールする
  2. 購入したい仮想通貨を選ぶ
  3. 「購入する」ボタンをタップする
  4. 「続ける」をクリックしクレジットカードで支払う

Trust Walletなら本人確認なしで仮想通貨を取引可能

Trust Walletの優れたところは、

  • 入力項目の多い面倒な個人情報入力フォーム
  • 本人確認書類の提出
  • セルフィー画像の提出

などをしなくても、いつでも仮想通貨を交換できることです。

国内取引所、海外取引所にはないお手軽さと、プライバシーの観点で大きなメリットがあります。

【簡単比較】Trust Walletとメタマスクはどっちを使うべきか?

Trust Walletとメタマスクは、どちらも仮想通貨の秘密鍵を自身で管理できる「セルフホスト型」のウォレットです。

では、迷ったときTrust Walletとメタマスクのどちらを使うべきでしょうか?

以下は、Trust Walletとメタマスクの違いをまとめた表です。

Trust Wallet メタマスク
秘密鍵 セルフホスト セルフホスト
匿名性
料金 無料 無料
クレジットカード購入
端末 iOS、Android iOS、Android
クローム拡張機能

結論としてはこのようにほとんど同じですので「好み」で選んで問題がないレベルです。

しかし、強いて違いを挙げるならば、Trust Walletはスマホ(iOS、Android)のみに対応しています。

Googleクロームのブラウザの拡張機能を使いたい場合には、メタマスクを利用しましょう。

使い分けとしては、

  • スマホ→Trust Wallet(スマホからの操作性に優れる)
  • PC→メタマスク

がベストです。

なお、どちらも最高レベルの信頼性を誇るウォレットですので、セキュリティ的な懸念は、むしろ利用者がしっかりパスワードを管理することのほうが重要です。

Trust Wallet Token(TWT)の将来性は?

それでは、Trust Wallet Token(TWT)の今後の価格の見通し、トークンとしての将来性はどうでしょうか?

結論、将来性は高いです。

Trust Wallet Token(TWT)は世界屈指のTrust Walletの独自トークンです。ブランドが強いので、トークンも底堅いでしょう。

また、TWTはTrust Walletの手数料の割引に使うことができるというユーティリティがあるので、DeFiやDAppsの急成長により、価格上昇が期待できます。

※もちろん、それでもトークン価格は現在よりも下落する可能性はあるので注意してください。

FTXの破綻が追い風に

2022年11月、世界第2位の海外取引所FTXが破綻しました。

これにより、特定の企業が顧客資産を管理する取引所(中央集権型取引所)への信頼が失墜。Trust Walletのようなセルフホスト型ウォレットの需要が高まりました。

これにより、TWT価格も上昇しています。

バイナンスCEOのCZ氏もTrust Walletを推奨

FTXの破綻を受けて、資産を守るための正しい方法について多くの有識者もSNSで言及しています。

そんな中で世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスのCEOであるCZ氏はツイッターで、Trust Walletの利用を推奨しました。

Trust Wallet Token(TWT)の買い方

Trust Wallet Token(TWT)は、まれにTrust Walletの運営チームがキャンペーンでAirDrop(無料配布)していることもあります。

しかし手に入れることが難しいので、海外取引所で購入するのが定番です。

Trust Wallet Token(TWT)は、bybitMEXCで購入できます。その流れは、

  • 国内の仮想通貨取引所コインチェックでXRPを購入する
  • bybitにXRPを送金する(またはMEXCにXRPを送金する)
  • 海外取引所でXRPをTWTに交換する

となります。

国内取引所ではXRPを購入することで、海外取引所へのトランザクション手数料を節約できます。

ビットコインやイーサリアムよりも手数料が安いので、ぜひXRPを送金しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました