Homer(SIMPSON/シンプソン)とは?仮想通貨の将来性や取引所での買い方を解説【ミームコイン】

暗号資産

あなたは、仮想通貨Homer(SIMPSON/シンプソン)について以下のような疑問はありませんか?

  • Homer(SIMPSON/シンプソン)とは?
  • Homer(SIMPSON/シンプソン)は将来性はあるの?
  • Homer(SIMPSON/シンプソン)の買い方、取引所での購入方法は?

この記事では、上記のような悩みについてお答えしていきます。

SIMPSONは、新たに登場したミームコインの一種です。

ミームコインといえば、急激な価値変動により、一部の人々からは単なる投機的なギャンブルと見なされてきました。そして、そのホルダーたちも、単に短期的な利益を追求するだけの人々だと思われています。

しかし、SIMPSONの登場は、このイメージを覆す可能性を秘めています。

なぜならSIMPSONは、運営がその一部の利益を慈善活動に寄付するという方針を掲げているからです。

つまり、SIMPSONは社会的な価値を重視する新しい形のミームコインです。

現在SIMPSONは好調な価格推移を続けていることもあり、慈善活動的な価値を含んだミームコインとしてますます注目を集めていく可能性もありそうです。

そこで今回は、SIMPSONとはどのような仮想通貨なのかや、その特徴、将来性、取引所での買い方を解説していきます。

\この記事のYouTube動画版/

当コインのベストな買い方は、コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を購入し、取扱のある海外取引所MEXCに送金する流れです。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会に口座開設をサクッと済ませておきましょう。

\アプリダウンロード数No.1/

公式サイト:https://coincheck.com/ja/

Homer(SIMPSON/シンプソン)とは『ザ・シンプソンズ』をモチーフにした仮想通貨

名称 Homer
ティッカー SIMPSON
最大発行上限 420,000,000,000,000,000
特徴 ミームコイン
主要取引所 MEXC
公式ツイッター https://twitter.com/HomerSimpson_HS
公式サイト https://homersimpson.xyz/

仮想通貨Homer(SIMPSON/シンプソン)とは、人気のアメリカのアニメーションシリーズ『ザ・シンプソンズ』の主要なキャラクターの一人「ホーマー・シンプソン」をモチーフにしたミームコインです。

このホーマー・シンプソンのミームコイン「SIMPSON」が人気になっている理由は、なんといっても、全世界で非常に有名で親しまれているキャラクターであることが挙げられます。

ホーマー・シンプソンはアメリカで特に認知度が高いですが世界的に知られており、ミームコインの価値である「コミュニティ」の拡大につながりやすいと考えられます。

今後も、シンプソンズのファンがこのコインを保有したり、他の人に広めることで、SIMPSONトークンの価値が上昇していく可能性もあると期待されています。

そこには、投機的な要素も大きな役割を果たしている点に注意が必要ですが、後述するように、SIMPSONの運営は、慈善活動にも注力する方針を掲げており、ミームコインの「社会的、文化的なジョークの拡散」という現象と相まって、注目度を高めています。

\今すぐ買いたい方の結論/

SIMPSONのモチーフ「ホーマー・シンプソン」とは?

ホーマー・シンプソンは、人気のアメリカのアニメーションシリーズ『ザ・シンプソンズ』の主要なキャラクターの一人です。

アメリカのアイコン的存在といっても過言ではないでしょう。

ホーマーはシンプソン家の家族の父親で、妻のマージ、長女のリサ、長男のバート、そして赤ちゃんのマギーと一緒に架空の町、スプリングフィールドに住んでいます。

ホーマーはスプリングフィールド原子力発電所で安全監督員として働いています。彼のキャラクターは、しばしば怠け者で、無知で、食いしん坊で、そして自己中心的と描かれますが、同時に彼は愛情深く、家族を愛する良い父親としても描かれています。

ホーマー・シンプソンはアメリカのポップカルチャーの一部となり、その風刺的な描写が多くの視聴者から愛されています。

Homer(SIMPSON/シンプソン)の特徴

仮想通貨Homer(SIMPSON/シンプソン)には、主に以下の3つの特徴があります。

  • SIMPSONはツイッターBOTを開発中
  • SIMPSONはTelegram BOTも開発中
  • SIMPSONはトランザクション毎に5%の手数料が強制的に発生

それぞれ順番に解説していきます。

\今すぐ買いたい方の結論/

SIMPSONはツイッターBOTを開発中

SIMPSONはツイッターBOT「Homer Simpson ChatBot」を開発中です。

このBOTは、Twitter上で動作し、ユーザーと対話することができるAIボットです。

ホーマー・シンプソンというキャラクターの性格は言葉遣いを真似して、ユーザーからの質問に対して回答を提供することができるとされています。

さらに、AIボットは人間のユーザーから学習し、対話するたびに賢くなるようにプログラムされています。

「仮想通貨SIMPSONと何が関係あるの?」と思われるかもしれませんが、ミームコインのプロジェクトは、ユーザーコミュニティを活性化して注目を集めるために、ツイッターでAIボットを使用することがあります。

ミームコインのBOB(ボブ)なども同様の戦略を使って成功しています。BOBについては以下の記事で詳しく解説しているので興味があればご覧ください。

SIMPSONのツイッターBOTが完成し、インフルエンサーが注目すれば、さらにSIMPSONトークンの注目度が上昇していく可能性が高いでしょう。

SIMPSONはTelegram BOTも開発中

上記の「Homer Simpson ChatBot」には、海外で有名なテレグラム(Telegram)というメッセージングプラットフォームに統合されたAIボットも開発中です。

こちらも同じく、ユーザーとの対話を通じて質問に答えることができます。

また、ユーザーが提供した説明文から画像を生成したりする能力があるようです。

基本的な対話機能は無料で利用できるようですが、プレミアム機能にアクセスするためにはプランのアップグレードが必要なようですので、SIMPSONがより高度な機能を提供するロードマップも期待されます。

SIMPSONはトランザクション毎に5%の手数料が強制的に発生

SIMPSONトークンは、その仮想通貨(トークン)を買ったり売ったりするとき、取引の5%が手数料として取られます。つまり、もし100ドル分のSIMPSONを取引すれば、5ドルが手数料としてかかる、ということです。

もちろん、SIMPSONが上場している海外取引所MEXCなど取引所内で完結する売買については、トランザクション手数料はかかりません。

ウォレット間を移動するトランザクション手数料の5%についてのみ、「税金」として集められ、以下に使われます。

慈善活動への寄付

SIMPSONの運営チームは、トランザクション手数料などから得たお金の一部を「慈善活動」に使うと述べています。SIMPSONが儲けたお金の一部が社会に還元される仕組みです。

有名人との協力

SIMPSONはこの慈善活動を広めるため、有名人と一緒に働きたいと考えています。有名人が仮想通貨SIMPSONについて広めることで、より多くの人がSIMPSONについて知り、その結果、価格上昇が期待できるとされています。

トークンバーン

トークンバーンとは、SIMPSONの総量を意図的に減らす行為を指します。これを行うと、(同じ需要がある場合)1枚あたりのSIMPSONの希少価値が高まり、価格上昇につながります。トランザクション手数料の5%のうち一部がバーンされ続けるので、SIMPSONの枚数は減り続けることになります。

\今すぐ買いたい方の結論/

Homer(SIMPSON/シンプソン)の将来性は?

Homer(SIMPSON/シンプソン)の将来性を以下のポイントから解説します。

  • Homer(SIMPSON/シンプソン)はミームコインブームで上昇する可能性
  • 「慈善活動」への注力で、ジョーク通貨以上の価値を持つ可能性も
  • SIMPSONは、バーン(Burn)により1枚あたりの希少価値が高まり続ける設計

Homer(SIMPSON/シンプソン)はミームコインブームで上昇する可能性

Homer(SIMPSON/シンプソン)は、いわゆるミームコインという種類の通貨です。

ミームコインというのは、インターネット上のジョークや流行をもとに作られたものですね。

その面白さやユーモラスさが人々の注目を集め、価格が上昇することがあります。

ホーマー・シンプソンは世界的に知名度が高いキャラクターなので、その名前を持つこの通貨は、多くの人々に認識されやすいというメリットがあります。そして、多くの人々がこの通貨を知り、興味を持つことで、実際にその価値は上昇しています。

現在、ミームコイン全体の人気が高まっている中で、Homer(SIMPSON/シンプソン)もその一部として上昇する可能性があります。

「慈善活動」への注力で、ジョーク通貨以上の価値を持つ可能性も

Homer(SIMPSON/シンプソン)の運営チームは、トランザクション手数料などから得たお金の一部を「慈善活動」に使うと述べています。

もちろんSIMPSONという仮想通貨の基本は、ネット上のお笑いネタ、いわゆる”ミーム”から名前を取った通貨です。

しかし、ただ面白いだけでなく、その運営チームが社会貢献にも力を入れているんです。

このような行動は、ただ面白さを提供するだけの一般的なミームコインとは違い、SIMPSONにより大きな価値をもたらすかもしれません。

SIMPSONは、バーン(Burn)により1枚あたりの希少価値が高まり続ける設計

Homer(SIMPSON/シンプソン)は、トークンのバーン(Burn)により1枚あたりの希少価値が高まり続ける設計です。

トークンバーンとは、仮想通貨の供給量を意図的に減らす行為を指します。トークン(仮想通貨)の総量が減ると、そのトークンはより希少性が高まります。この希少性の増加が、価格の上昇につながる可能性があるのです。

SIMPSONに限らず、市場に存在する仮想通貨の価格は、基本的に「供給と需要」によって決まります。供給量が減り(つまり、トークンバーンによってSIMPSONの総量が減少し)、需要が同じまたは増えた場合(つまり、人々が引き続きSIMPSONを購入したいと思っている場合)、価格は上昇します。

SIMPSONでは、トランザクション(取引)ごとに手数料の5%が発生し、その一部がバーン(消滅)されるとのことです。

仮想通貨の価格は様々な要因によって左右されるため、必ずしも供給が減れば価格が上昇するとは限りませんが、SIMPSONの価格に大きな影響を与える材料であることは間違いありません。

Homer(SIMPSON/シンプソン)の価格チャート推移

Homer(SIMPSON/シンプソン)の2023年5月現在の価格チャート推移は以下のとおりです。

Homer(SIMPSON/シンプソン)の買い方・取引所での購入方法

SIMPSONのもっとも楽かつベストな買い方は、以下のステップです。

  • 買い方手順①コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を買う
  • 買い方手順②MEXCにXRPを送る
  • 買い方手順③MEXCでXRPをSIMPSONに交換する

順番に解説します。

買い方手順①コインチェックでXRPを買う

SIMPSONは、送金手数料の安い仮想通貨XRP(リップル)を経由して購入すると節約になるため、仮想通貨取引所でXRPを入手しましょう。

値上がりした仮想通貨を日本円に交換するためにも、あらかじめ国内の取引所を開設しておくと便利です。

XRPが購入できるコインチェック(Coincheck)の登録がお済みでない方は、以下より口座開設を先に済ませます。

最短5分で口座開設

 

上記で口座開設と、コインチェックへの日本円の入金を済ませたら、コインチェックでXRPを購入します。

コインチェックにログイン後、①販売所をクリック、②XRPを選択、③購入するXRP量を入力、④購入するをクリックしてください。

買い方手順②MEXCにXRPを送る

次に、海外取引所MEXCへXRPを送金します。

MEXCはSIMPSONの入手に必要なため、まだMEXCの口座をお持ちでない方はMEXC公式サイトより開設しておきましょう。

約1,500銘柄から有力アルトコインを発掘!

 

次に、コインチェックにログインし、「暗号資産の送金」をクリックします。続けて「送金する通貨」「送金先」「送金目的」「送金額」などを入力していきます。完了したら、最後に「次へ」を押しましょう。

なお、上の画像の「送金先」には、MEXCの入金アドレスをコピー&ペーストで入力してください。

MEXCの入金アドレスを取得するには、MEXCにログインします。

そして、①ウォレット、②概要をクリックしてください。

以下の画面で、検索窓に入金したい通貨の「XRP」を入力するか、画面をスクロールしてXRPを探します。入金したい通貨が見つかったら「入金」をクリックしましょう。

次の画面で、「トークンの詳細」が入金したい通貨になっていることを確認し、「利用可能なネットワーク」を選びます。「入金アドレス」に文字列が表示されます。これをコピーしてコインチェックの「送金先」にペーストします。

なお、XRPの送金のみ上記画面の「メモ(Memo)」の入力も必要になるため、合わせてコピーしておきます。

買い方手順③MEXCでXRPをSIMPSONに交換する

MEXCで画面上部の「市場」をクリックし、以下の画面の「暗号資産/ETF/先物を検索する」の検索窓で通貨ペアを探し、XRP→SIMPSONに交換しましょう。

XRP→SIMPSONは直接的には交換できないので、まず「XRP/USDT」でUSDTに交換してから、「SIMPSON/USDT」でSIMPSONに交換すれば完了です!

Homer(SIMPSON/シンプソン)の買い方まとめ

今回はHomer(SIMPSON/シンプソン)とはどのような仮想通貨なのかや、その将来性、買い方について解説してきました。

SIMPSONのもっとも楽かつベストな買い方は、以下のステップです。

  • 買い方手順①コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を買う
  • 買い方手順②MEXCにXRPを送る
  • 買い方手順③MEXCでXRPをSIMPSONに交換する

仮想通貨SIMPSONは、2023年現在、大きな注目を集めています。

アメリカの象徴的なキャラクター、ホーマー・シンプソンをモチーフに採用していることがその人気の一因でしょう。ホーマー・シンプソンは、その風刺的で親しみやすいキャラクター性から、世界的に愛されています。

今後、ミームコインといえば「SIMPSON」になることを期待したいですね。

さらに、SIMPSON、ただ単に投資対象であるだけでなく、社会性を持つ仮想通貨として位置づけられています。トランザクション手数料の5%の一部を慈善活動に寄付するというポリシーを掲げています。

社会貢献にも参加できるという、他の多くの仮想通貨とは異なるホルダー価値を提供しているので、一時的なブームではなく、長期的な成長の可能性もあるのではないかと個人的には思います。

もしあなたも共感したら、ミームコイン「SIMPSON」を取引してみてはいかがでしょうか?

当コインのベストな買い方は、コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を購入し、取扱のある海外取引所MEXCに送金する流れです。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会に口座開設をサクッと済ませておきましょう。

\アプリダウンロード数No.1/

公式サイト:https://coincheck.com/ja/

コメント