PROJECT XENOの運営会社「CROOZ Blockchain Lab」とは?信頼性や事業内容を解説

暗号資産

あなたは、PROJECT XENOの運営会社について以下のような疑問はありませんか?

  • PROJECT XENOの運営会社「CROOZ Blockchain Lab」とは?
  • 「CROOZ Blockchain Lab」の事業内容は?
  • 「CROOZ Blockchain Lab」のパートナー(提携)企業は?
  • 「CROOZ Blockchain Lab」の信頼性は?

この記事では、上記のような悩みについてお答えしていきます。

PROJECT XENOやその仮想通貨GXEに投資を考えているあなたは、まずは運営企業について知ることが重要です。

がく
がく

運営会社は「CROOZ Blockchain Lab」という名前の企業ですが、一体どんな会社なのでしょうか?

CROOZ Blockchain Labは、上場企業である「クルーズ株式会社」の子会社として設立されました。

CROOZ Blockchain Labは主に、金融マーケティングやブロックチェーン技術を活用したNFTゲームの開発を手がけています。

今回は、PROJECT XENOの運営企業の「CROOZ Blockchain Lab」とはどんな会社なのか、信頼できるのかがすべてわかるように解説していきます。

XENOに投資したい人の結論

GXEのもっとも簡単かつ手っ取り早い購入方法は、国内で取扱のある仮想通貨取引所BITPOINT(ビットポイント)に無料口座開設して取引することです。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会にサクッと登録しておくのがおすすめです。

国内取引所にゼノが上場!

BITPOINT

 

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の運営会社CROOZ Blockchain Labとは

社名CROOZ Blockchain Lab株式会社
設立2018年9月19日
資本金40百万円(資本準備金含む)
所在地〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿四丁目3番14号 恵比寿SSビル
主要株主クルーズ株式会社
公式サイトhttps://croozbl.co.jp/

CROOZ Blockchain Lab株式会社とは、ブロックチェーン技術を用いたサービスの開発や提供を行う企業です。

親会社は、モバイルゲームをはじめとするデジタルコンテンツの開発や提供を手がけるCROOZ株式会社で、東京証券取引所の一部上場企業です。

CROOZ Blockchain Labは、特に注目なのが、ブロックチェーン技術を駆使したゲーム開発です。

代表作とも言えるのが、「PROJECT XENO」で、これはプレイヤーがゲーム内で活動を通じて実際の収益を上げられる新しいスタイルの仮想通貨ゲーム(NFTゲーム)として注目されています。

CROOZ Blockchain Labが親会社であるCROOZの完全子会社であるため、その経営については一定の安定性が保証されています。

がく
がく

CROOZ Blockchain Labとその開発するゲームは、信頼性が高いと言えるでしょう。

PROJECT XENOとは

CROOZ Blockchain Labが開発したPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)は、ブロックチェーン技術を基にしたゲームで、いわゆるNFTゲームの1です。

PROJECT XENOでは、プレイヤーはバトルを行ったり、キャラクターを育成したりすることでゲーム内の報酬を得ることができます。

その報酬は、ゲーム内通貨や、ゲーム内のアイテムやキャラクターなどの形のNFTや、独自トークンのGXE、UXEなどの仮想通貨となります。

ゲームの特徴の1つは、プレイヤーが得た仮想通貨による報酬を取引所で換金することで日本円にできることです。

がく
がく

プレイしながら稼げる(Play to Earn)概念が、PROJECT XENOの大きな魅力となっています。

報酬が魅力的なPROJECT XENOの稼ぎ方や始め方は以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひクリックして目を通してみてください。

国内取引所にゼノが上場!

BITPOINT

CROOZ Blockchain Labの事業内容は?

NFTゲーム開発

CROOZ Blockchain Labは、NFT(非代替可能トークン)を用いたゲームの開発を行っています。

「NFTゲーム」とは、一種のデジタル資産であるNFTをゲーム内で使うことで、遊びながら実際の価値を持つアイテムを得られるという新しい形のゲームを指します。

CROOZ Blockchain Labの代表作には、PROJECT XENOがあります。

がく
がく

NFTゲーム開発を専門とする企業だから、質の高いゲームを開発できるのです。

金融マーケティング

CROOZ Blockchain Lab株式会社は、金融マーケティングの領域においても活動しています。彼らの事業内容は、主に金融技術(FinTech)の経験とブロックチェーン技術を組み合わせたマーケティングサービスの提供です。

金融技術(FinTech)」とは、”Financial Technology”の略で、新しいテクノロジーやイノベーションを利用して金融業界のサービスを改善、または変革することを指します。

FinTechにより、銀行業務、投資、保険、決済サービスなどの伝統的な金融サービスがデジタル化・自動化され、ユーザーの利便性が向上しています。

CROOZ Blockchain Lab株式会社では、成長分野のFinTechのサービスを、新たな技術のブロックチェーンを使って顧客に提供することで、今までにない層へ新規顧客を引きつけることに強みがあるようです。

がく
がく

マーケティングでゲームを普及させるノウハウはPROJECT XENOにも活かされていますね。

CROOZ Blockchain Labのパートナー企業

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の将来性が高いと言われている1つの理由は、CROOZ Blockchain Labのパートナー企業に一流で知名度の高い企業が含まれているからです。

これらの一流企業がパートナーとして関わることで、プロジェクトの質や安全性、信頼性が保証され、またそれらの企業から得られる各種のリソースやノウハウがPROJECT XENOの開発や運営に活かされていると考えられます。

以下、PROJECT XENOの開発企業CROOZ Blockchain Labのパートナー企業の一部を例に紹介します。

gumiと共同で新規ブロックチェーンゲームの開発

CROOZ Blockchain Labは、他の企業と協力して新たなブロックチェーンゲームを開発しています。

特に注目すべきパートナー企業は、「gumi」という会社です。

gumiは、2007年に設立され、その初期にはモバイル向けのSNSの開発からスタートしました。それからフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)向けのアプリ開発へと業務を広げ、今ではモバイルオンラインゲームの開発と運用が主力となっています。

gumiは最新のテクノロジートレンドにも敏感で、ブロックチェーンや拡張現実(XR)などの新しい領域への投資やコンテンツ開発も行っています。

がく
がく

gumiはPROJECT XENOへも出資をしており、このパートナーシップは、ブロックチェーンゲーム開発の世界でのCROOZ Blockchain Labの影響力を拡大させています。

Xクリエーション株式会社

CROOZ Blockchain Labは、2023年1月27日、大規模なゲームギルド「Samurai Guild Games(サムライ・ギルド・ゲームズ)」を運営する「Xクリエーション株式会社」との提携を発表しました。

「Samurai Guild Games」は、なんと約2.8万人ものメンバーを抱える大規模なゲームギルドです。

大量のプレイヤーが一緒にゲームをプレイし、共同で目標を達成するためのグループです。

この提携により、CROOZ Blockchain Labが開発した「PROJECT XENO」と「Samurai Guild Games」の間での協力関係が深まるので、より多くのプレイヤーが「PROJECT XENO」に参入することも期待されています。

がく
がく

この提携は「PROJECT XENO」の成長と将来性を後押しする重要なニュースです。

国内取引所にゼノが上場!

BITPOINT

CROOZ Blockchain Labの信頼性は?

ROOZ Blockchain Labは、東京証券取引所スタンダード上場企業であるクルーズ株式会社の子会社です。

このことから、CROOZ Blockchain Labの信頼性も高いと言えます。

上場企業というのは一般の投資家から資金を集めるために株式を公開している企業のことを指します。

それらの企業は、投資家から資金を得るために、その企業の経営状況や財務状況を公開しなければならない規則があり、厳しい審査基準にクリアしている必要があります。

クルーズ株式会社は上場企業であり、その子会社であるCROOZ Blockchain Labもまた、その信頼性と透明性を受け継いでいるといえます。

がく
がく

CROOZ Blockchain Labの信頼性には問題なさそうです。

クルーズ株式会社はSHOPLISTも運営

クルーズ株式会社は、様々な事業を展開する日本の企業で、特にIT事業で知られています。

2012年にはファストファッション通販サイト「SHOPLIST」を開始しました。「SHOPLIST」は、若者を中心に幅広い層から支持を受けるファッションアイテムを豊富に取り揃えた通販サイトです。

「SHOPLIST」がサービス開始から8年で売上高が約250億円まで成長したという事実は、その成功ぶりを物語っています。

オンラインショッピングが一般化した現代において、クルーズ株式会社はその市場の需要を捉え、成功したビジネスモデルを構築しました。

がく
がく

PROJECT XENO開発企業の親会社は、あの有名な通販ファッションサイトを運営していたんですね。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の運営会社CROOZ Blockchain Labまとめ

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)を運営するCROOZ Blockchain Labについて詳しく見てきましたが、総じてこの会社はとても信頼できるといえます。

信頼性の根拠3点
  • 上場企業の子会社:CROOZ Blockchain Labは、成功したファッション通販サイト「SHOPLIST.com by CROOZ」を運営する上場企業、クルーズ株式会社の子会社
  • 提携:CROOZ Blockchain Labは金融マーケティングやNFTゲーム開発といった領域で豊富な経験と実績を持ち、大手ゲーム制作会社「gumi」との提携や大規模ゲームギルド「Xクリエーション株式会社」「Samurai Guild Games」の運営とも連携
  • PROJECT XENOなど豊富な実績:CROOZ Blockchain Labは、ブロックチェーン技術を駆使した新しいゲーム開発に力を注いでいます。その具体的な成果がPROJECT XENO
がく
がく

CROOZ Blockchain Labは信頼性が高いと判断できるので、PROJECT XENOについても安心して始めることができます。

PROJECT XENOの仮想通貨GXEの買い方については、以下の記事で詳しく解説しているので気になる方はチェックしておきましょう。

XENOに投資したい人の結論

GXEのもっとも簡単かつ手っ取り早い購入方法は、国内で取扱のある仮想通貨取引所BITPOINT(ビットポイント)に無料口座開設して取引することです。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会にサクッと登録しておくのがおすすめです。

国内取引所にゼノが上場!

BITPOINT

 

コメント