ApeX Protocol(エイペックスプロトコル/APEX)とは?買い方と将来性を解説

暗号資産

あなたは、急成長が期待されているApeX Protocol(APEX)について、次のように悩んでいませんか?

  • ApeX Protocolとは、どのような仕組みの仮想通貨なの?
  • ApeX Protocolに投資をしたいと思っているけど、最後に将来性を確認しておきたい
  • ApeX Protocolの仮想通貨「APEX」の一番簡単で購入方法は?

この記事を読むことで、上の疑問を完全に解決できます。

ぜひ最後までご覧ください。

ApeX Protocol(APEX)とはレバレッジ取引が可能な画期的な分散型取引所(DEX)

ApeX Protocol(エイペックスプロトコル/APEX)とは、自前の「ウォレット」を接続することで、仮想通貨を取引できる分散型取引所(DEX)です。

通常のDEXとは違い、デリバティブ取引(レバレッジ取引)にも対応しています。プラットフォーム「ApeX Pro」を使うと、DEXなのに板取引で最大レバレッジ20倍の取引が可能です。

さらには、インジケーターの表示や指値注文など「多機能さ」も他のDEXにはない特徴です。

ApeX Protocolはマルチチェーン(複数のブロックチェーン)に対応しており、

  • イーサリアム
  • Arbitrum
  • BSC
  • Polygon

といったブロックチェーン系統のトークンを「ApeX Pro」で取引できます。

ApeX Protocolプロジェクトに投資するなら「APEX」を購入しよう

ApeX Protocolでは、独自の仮想通貨「APEX」を発行しています。

APEXは、ApeX Protocolで最上位に位置するガバナンストークンで、ApeX Protocolに投資をするならAPEXを購入するのが一般的であり、唯一の選択肢となります。

APEXは、株式会社の「株」のようにトークンを保有することでApeX Protocolの運営方針などを決める「投票」に参加できる権利を持てます。

最近話題の取引所FTXの破綻などで、中央集権的な仮想通貨取引所(CEX)の信頼性が落ち込んでいます。

そのため、ApeX Protocolのような分散型取引所(DEX)の需要が高まっています。

ApeX Protocol(APEX)の将来性が高いと判断できるポイントを解説

ApeX Protocol(APEX)の将来性は、3つのポイントから高いと判断できます。

  • ApeX Protocolは大手企業や機関投資家も投資するプロジェクト
  • ApeX Protocolは優良銘柄のみ対応のbybitのローンチパッドに上場している
  • 世界的なCEX→DEXへの移行でApeX Protocolの将来性が高まっている

順番に解説していきます。

ApeX Protocolは大手企業や機関投資家も投資するプロジェクト

ApeX Protocolが発行している「APEX」トークンは、多くの機関投資家から長期的な上昇が予想されています。

ApeX Protocolには、以下のような大手企業や機関投資家が大々的に投資・出資済みです。

  • Tiger Global Management
  • Dragonfly Capital
  • Jump Trading
  • Mirana Ventures
  • CyberX
  • Kronos
  • M77
  • Cobo

いずれも、業界の権威であり、素晴らしい顔ぶれです。

たとえば、インターネットや金融で先進的な投資をおこなうことで有名なアメリカの投資会社Tiger Global Managementも、ApeX Protocolに投資しています。

Tiger Global Managementは、すでに成功を収めた仮想通貨であるAptosにも出資していることでも知られます。

さらに、ApeX Protocolに投資しているDragonflyは、同じく成功を収めた仮想通貨Avalancheに出資しています。

先見の明がある本格的な機関投資家が価値を認め、次に注目しているのがApeX Protocolです。

ApeX Protocolは優良銘柄のみ対応のbybitのローンチパッドに上場している

ApeX ProtocolのAPEXトークンは、世界最大級の取引所bybitが手がけるローンチパッドに2022年4月に上場しました。

bybitローンチパッドとは、bybitのIEOプラットフォームです。bybitが厳格な審査を経て信頼性・将来性が高いと判断した新規アルトコインを、投資家に広く販売するプラットフォームです。

ApeX Protocolは、デリバティブ(レバレッジ)取引が可能な画期的な分散型取引所(DEX)としてbybitが後押ししています。取引コストとなる手数料やガス代が安く、これはガス代を最安値に抑える技術「StarkEx」がもたらしています。

bybitは、ライバルの取引所を出し抜く独自の強みを持っているとして、ApeX Protocolに期待しているのでしょう。

さらに、CryptoRankでは、bybitローンチパッドの過去の歴代銘柄のパフォーマンスを確認できます。

このように過去47倍に上昇したGenopets(GENE)といった銘柄もあるなど、bybitローンチパッドは長期的に上昇する可能性の高い銘柄を集中的に扱っていることは明らかです。

ApeX ProtocolのAPEXトークンの将来性も、同様に高いと判断できます。

世界的なCEX→DEXへの移行でApeX Protocolの将来性が高まっている

ApeX Protocolは特定の運営主体が存在しない分散型取引所(DEX)です。

そうしたDEXは現在、中央集権型取引所(CEX)の顧客を吸収する形で成長しています。

仮想通貨分析企業のChainalysisのエコノミストであるイーサン・マクマホン氏は、「CEXからDEXへの移行は2020年にすでにスタートしていた」と言っており、今度もDEXは世界的なトレンドです。

特に、世界2位の仮想通貨取引所FTXが破綻したことが報じられ、CEXへの信頼が失墜しています。

今後さらに加速するCEX→DEXへの移行で、ApeX ProtocolのAPEXトークンが上昇が期待されます。

bybitから直接「ApeX Pro」を使えるようになった

2022年12月8日、ApeX Protocolの取引プラットフォーム「ApeX Pro」にbybitから直接的にアクセスできるようになりました。

つまり、bybitのアカウントとBybit Web3ウォレットさえあれば、ApeX Protocolを使えます。

絶大なシェアを誇るbybit上で、まるでbybitを使うのと同じような手軽さでApeX Protocolが使えるようになったことでApeX Protocolのユーザー増加が期待されます。

公式な見解として、ApeX Protocolの「ApeX Pro」との統合についてbybitは公式サイトで次のように発表しています。

「近い将来、Bybit Web3プラットフォームを通じてdAppsや分散型取引所(DEX)と提携し、CeFiとDeFiの長所を組み合わせたWeb3への玄関口となることがBybitの役目だと認識しています。そして、すべての人にとって役立つ金融の世界を実現することがBybitの最終目標です。その目標への第一歩として、この度Bybitは、Bybit Web3上でApeX Proと統合することを正式に発表いたします。」

ApeX Protocolは、bybitが強力にプッシュする仮想通貨となることが確定しました。

ApeX Protocolの価格動向・チャート

ApeX Protocol対JPYチャートは以下のとおりです。

2022年5月~12月

ApeX Protocol(APEX)の買い方

ApeX Protocol(APEX)は、海外取引所のbybitのみで取り扱いがあります。

購入するには、以下の手順に沿って操作しましょう。

APEXの購入手順
  1. 国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入する(Coincheck無料口座開設はこちら)
  2. bybitにビットコインを送金する(bybit無料口座開設はこちら)
  3. bybitで取引して、ビットコインをUSDTに交換する
  4. bybitの「APEX/USDT」のペアでAPEXに交換する

知らないと一番迷ってしまうのが、どの仮想通貨取引所を使えばいいのかということです。

結論、国内取引所はどこでも問題ありませんが定番のCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

海外取引所だけは、必ずbybit(バイビット)を使いましょう。

口座開設を済ませてしまえば、それほど迷う点はなくAPEXを購入することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました