Pancake Games(パンケーキゲームズ/GCAKE)とは?買い方と将来性を解説

暗号資産

あなたはPancake Games(パンケーキゲームズ/GCAKE)について、以下のような疑問を持っていませんか?

  • Pancake Gamesが発行している「GCAKE」ってどんな仮想通貨なの?
  • GCAKEに今から投資するのはどうなんだろう?
  • Pancake Games(GCAKE)の買い方や、購入できる仮想通貨取引所は?

この記事では、このような疑問にお答えし、Pancake Gamesは投資すべき仮想通貨なのかを解説します。

Pancake Gamesは、有名ゲーム『戦国クロニクル』の開発企業であるBIGBANGとも提携しており、多くのインフルエンサーが注目しています。

あなたもこの機会に、Pancake Gamesの魅力について知っておきましょう。

Pancake Games(GCAKE)とは「NFTゲーム」を1ヶ所で楽しむためのプラットフォーム

Pancake Games(パンケーキゲームズ/GCAKE)は、今後成長が期待されるさまざまなPlay 2 Earn(ゲームをプレイして稼ぐ)や、NFTゲームを、1つのプラットフォームにまとめるプロジェクトです。

Pancake Gamesは、独自に発行されたトークン「GCAKE」があります。これを使って、

  • NFTアイテムを販売・購入する
  • NFTゲームの大会やコンテストを開催する
  • ゲーム系トークンの先行発売に参加する
  • NFTゲームの口コミ(レビュー)や攻略情報の共有

といったことをより便利におこなうことができるプラットフォームとなっています。

Pancake Gamesを使えば、ゲームのプレイヤーはもちろん、投資家や、NFTゲームの開発会社も中間マージンなくインセンティブを分配できるため、経済的にも優れたメリットがあります。

GCAKEを保有する投資家目線でいえば、Pancake Games上で人気のNFTゲームが集結していくことで、基軸通貨であるGCAKEの価格上昇から利益を期待できます。

GCAKEトークンとは?利用用途も解説

GCAKEはPancake Games(パンケーキゲームズ)でもっとも重要な役割を担うメイントークンです。

Pancake Gamesは、複数のNFTゲームを1つにまとめるプラットフォームであるため、必然的に、プレイヤー間で「新しいNFTを取引したい」「新規のNFTプロジェクトのトークンセール(資金調達)に参加したい」というニーズも高まります。

そうした声に応えるのが、プラットフォーム上で決済手段を提供する「GCAKE」です。

ほかにも、以下のような用途でGCAKEが使われます。

  • GCAKEをステーキングし、限定NFTの「優先権」を得る
  • GCAKEの保有で、新しいNFTゲームを「事前注文権」を得る
  • ゲームをプレイした報酬の受け取り

Pancake Gamesを使うユーザーが増えるほど、GCAKEのニーズが高まり、GCAKEの価格上昇につながります。

Pancake Games(GCAKE)の将来性が高い4つの理由を解説

Pancake Games(パンケーキゲームズ/GCAKE)の将来性は、以下の4つの理由で高いといえます。

GCAKEの将来性が高い理由
  • Pancake Gamesには、韓国ブロックチェーン協会会長が就任
  • GCAKEはデフレトークンで1枚あたりの価値が高まりやすい
  • Pancake Gamesは戦国クロニクル開発企業など、有名企業とも提携
  • Pancake Games(GCAKE)は大手取引所bybitやMEXCに上場済み

これらGCAKEの将来性について、順番に解説していきます。

Pancake Games(GCAKE)は韓国ブロックチェーン協会会長が就任

Pancake Games(パンケーキゲームズ/GCAKE)の重要な位置を占めているアドバイザーに、Sungick Hwang氏が就任したことが発表されました。

Sungick Hwang氏とは、韓国ブロックチェーン協会と韓国モバイルゲーム協会の会長として知られています。韓国では、ブロックチェーンとNFTゲームの「専門家」の立ち位置です。

Sungick Hwang氏がアドバイザーに就任したことで、Pancake Gamesは仮想通貨業界でお墨付きを得ました。

特に、eスポーツやNFTゲームの分野では、日本より韓国のほうが進んでいます。韓国のブロックチェーン協会の会長をアドバイザーに迎えたことは、Pancake Gamesの価値向上につながっています。

Pancake Games(GCAKE)はデフレトークンで1枚あたりの価値が高まりやすい

Pancake Games(パンケーキゲームズ/GCAKE)は、デフレ型に設計された仮想通貨となっています。

デフレとは?

お金(ここではGCAKE)の価値が上がり続けることです。反対に、お金の価値が下がり続けることをインフレと言います。たとえばビットコインは、ドルや日本円にはない「発行上限枚数」が存在するため、インフレになりにくく、デフレに傾きやすいと言われています。

とはいえ、最近発行される仮想通貨の中には、インフレに傾きやすいものも多くあります。

Pancake GamesのGCAKEは最大発行枚数が10兆枚と決められています。しかも、日々、速いペースでBurn(バーン)が行われているので、完全なデフレ型のトークンなのが保有する上で魅力的です。

Burn(バーン)とは?

プロジェクトの運営チームが保有する仮想通貨(ここではGCAKE)を一部、永久に使えないようにして、流通量から取り除くことをBurnといいます。

実際にGCAKEでは、総発行量10兆枚のうち、50%以上がBurnされています。

Burnがおこなわれることで、1枚あたりの希少価値が高まるため価格が上昇しやすくなります。

Pancake Games(GCAKE)は戦国クロニクル開発企業など、有名企業とも提携

Pancake Games(パンケーキゲームズ/GCAKE)は、提携するのが難しい有名企業や大型プロジェクトとの提携に成功しています。このこともGCAKEの高い将来性を裏付けています。

Pancake Gamesの提携企業の一例
  • BIGBANG(『戦国クロニクル』開発のゲーム会社)
  • PROJECT XENO(有名NFTゲーム)
  • TTX(DeFi開発)
  • SHANTI(ソーシャルレンディング企業)

中でもPancake Gamesと提携した企業で注目を集めているのが、日本のゲーム企業BIGBANGです。

BIGBANGは、『戦国クロニクル』『新感覚リアルマップRPG モンクエ』『SKY FRONTIER Fantasy Battle』などのゲームを開発したことで有名です。

Pancake Games(GCAKE)は大手取引所bybitやMEXCに上場済み

Pancake Games(パンケーキゲームズ)のGCAKEは、大手取引所を含む複数の仮想通貨取引所に上場しています。

GCAKEが上場している主な取引所

アルトコインを取引する際は、流動性(取引量)の高い仮想通貨取引所を使うことが大切です。上記3つの取引所であれば、同じ程度のGCAKEの流動性があるので、どの取引所を使っても問題はありません。

ただし今後は、最大手のbybitに取引量が集中していく可能性があるため、迷ったらbybitの登録がおすすめです。

Pancake Games(GCAKE)の価格動向

2022年9~12月のPancake Games(GCAKE)のチャートは以下の通りです。

2022年9月~12月

最高値からは下落傾向にありますが、底打ち感もあり、下値余地が少なくエントリーしやすいチャートとなっています。

Pancake Games(GCAKE)の買い方

Pancake Games(パンケーキゲームズ/GCAKE)は、海外取引所の①bybit、②MEXC、③BTCEXで取り扱いがあり、どの取引所でも購入できます。

購入するには、以下の手順に沿って最大手のbybitで入手するのが一般的です。

GCAKEの購入手順
  1. 国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入する(Coincheck無料口座開設はこちら)
  2. bybitにビットコインを送金する(bybit無料口座開設はこちら)
  3. bybitで取引して、ビットコインをUSDTに交換する
  4. bybitの「GCAKE/USDT」のペアでGCAKEに交換する

知らないと一番迷ってしまうのが、どの仮想通貨取引所を使えばいいのかということです。

結論、国内取引所はどこでも問題ありませんが定番のCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

海外取引所は、今後最大手で流動性(取引量)が集中することも考えられるため、bybit(バイビット)を使うのがおすすめです。

口座開設を済ませてしまえば、それほど迷う点はなくGCAKEを購入することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました