仮想通貨TURBO(ターボ)とはChatGPTが産み出した時価総額100億円超えミームコイン!将来性と買い方を解説

暗号資産

あなたは、仮想通貨TURBO(ターボ)について以下のような疑問はありませんか?

  • 仮想通貨TURBO(ターボ)とは?
  • TURBO(ターボ)は将来性はあるの?
  • TURBO(ターボ)の買い方、取引所での購入方法は?

この記事では、上記のような悩みについてお答えしていきます。

新興ミームコイン「TURBO(ターボ)」トークンの驚異的な成長は、今、注目に値する出来事となっています。

TURBO(ターボ)は、わずか誕生から2日間で時価総額が30億円を超えるなど、仮想通貨ぺぺコイン(PEPE)などの後に続く銘柄になるのではないかと期待されているからです。

しかもTURBO(ターボ)は、ただのミームコインではありません。

なんと開発過程の1~10までほぼ、有名AIのChatGPT(チャットGPT)が作成しているのです。

AI時代の到来を告げるそのストーリー性と、少し不気味なヒキガエルのミームに、投資家も目が離せなくなっており、私もこうして記事を作成しました。

ミームコインの保有は不確定要素がつきものですので注意が必要ですが、TURBO(ターボ)が1日で数千倍上昇したぺぺコインの「第二のPEPE」になる可能性もあります。

そこで今回は、TURBO(ターボ)とはどのような仮想通貨なのかや、その特徴、将来性、取引所での買い方を詳しく解説していきます。

\この記事のYouTube動画版/

なお、TURBO(ターボ)を買うなら、国内アプリダウンロード数No.1のコインチェックを無料口座開設し、取扱のある海外取引所MEXCに仮想通貨を入金しておく必要があります。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会に口座開設をサクッと済ませておきましょう。

コインチェック

最短5分で口座開設

 

TURBO(ターボ)とはChatGPTが生んだ時価総額100億円超えの「AI生成ミームコイン」

名称 Turbo
ティッカー TURBO
最大発行上限 69,000,000,000
ブロックチェーン イーサリアム(ERC-20)
特徴 ChatGPT生成のカエル系ミームコイン
公式ツイッター https://twitter.com/TurboToadToken
公式サイト https://sites.google.com/view/turbotoad

仮想通貨TURBO(ターボ)とは、対話型AI(人工知能)のChatGPT(GPT-4バージョン)が企画から発行までおこなったミームコイン(インターネット上のジョークや文化を元に遊び心から生まれた仮想通貨)です。

TURBOトークンは、未来的なカエルをマスコットににしたミームコインです。

仮想通貨TURBO(ターボ)は、暗号通貨とAIの可能性を探る実験として始まりました。

プロジェクトの創設者は、人工知能であるChatGPTに「わずか69ドルの予算で次の大ヒットとなるミームコインを作成する」ように命じ、対話をしてきました。

それによって、TURBO(ターボ)の創設者はChatGPTの指示にしたがい続けることで、時価総額100億円超えも達成してしまったのです。

このTURBO(ターボ)の成功は、「ChatGPT×AI×ミームコイン」が仮想通貨を再構築するほどの可能性を持つことを証明しました。

TURBOトークンの特徴(トークンノミクス)

TURBO(ターボ)は、独自のトークン設計を持っており、特に運営者ではなく「コミュニティ」に対し、公平に配布することをコンセプトとしています。運営がスマートコントラクトの所有権を放棄することで、中央集権的な管理を避け、多くの投資家コミュニティが主導する運営方針となっています。

以下、TURBOトークンの4つの特徴を簡単に紹介します。

No taxes(税金なし)

TURBO(ターボ)の取引には、追加の税金や手数料が課されません。これにより、ユーザーは取引コストが低く抑えられる利点があります。

Crowdfunded launch(クラウドファンディングによるローンチ)

TURBO(ターボ)のプロジェクトは、多くの人々からの資金提供によって始まりました。これにより、プロジェクトが開始されたので、より多くの人々がプロジェクトに関与し応援しています。

Fairly distributed(公平な分配)

TURBO(ターボ)は、トークンが参加者全員に対して公平に分配されることを目指しています。これにより、特定の人やグループが大量のトークンを独占することを防ぎ、トークンの価値がより広く分散されることを目指しています。

Contract renounced(コントラクト放棄)

TURBO(ターボ)の開発者は、スマートコントラクト(自動実行契約)の所有権を放棄しました。これにより、プロジェクトが中央集権的な管理を受けず、開発者が勝手な決定をしたり、不正をすることができません。そのため、TURBO(ターボ)においては、投資家(コミュニティ)が主導し、運営できます。

TURBO(ターボ)の将来性を考察

TURBO(ターボ)の将来性は、以下の5点から高いと考察できます。

  • TURBO(ターボ)はChatGPTによって作られた「最初」のミームコインという強力なブランド力
  • TURBO(ターボ)の開発ストーリーが海外YouTubeを中心に広がっており知名度向上中
  • TURBO(ターボ)はカエル系ミームコイン「ぺぺコイン」などを参考に設計
  • イーロンマスク氏がTURBO(ターボ)投稿にリプライで高騰へ
  • TURBO(ターボ)は今後、バイナンスへの上場で高騰する可能性も

それぞれ順番に解説していきます。

TURBO(ターボ)はChatGPTによって作られた「最初」のミームコインという強力なブランド力

TURBO(ターボ)は、AI(人工知能)であるChatGPTによって作られた最初のミームコインです。

AIが仮想通貨の世界で新しいアイデアを生み出せることは衝撃のニュースでしたが、その衝撃とともにTURBO(ターボ)は記憶され、1つのブランドを確立したといえます。

ツイートで「AIによって作られた最初のミームコイン」を主張

これは、仮想通貨TURBO(ターボ)が他のミームコインとはまったく違った特別な立ち位置にあることを意味しており、この点が、TURBO(ターボ)の競争力になるかもしれません。

また、大げさに考えれば、TURBO(ターボ)のプロジェクトは、AIと仮想通貨技術がどのように一緒になって新しいアイデアを生み出すかを示した社会的意義があるといえます。

ですので、そうした面から今後、ミームコイン(遊び心中心)を超えたムーブメントが起きることが期待できます。

TURBO(ターボ)の開発ストーリーが海外YouTubeを中心に広がっており知名度向上中

TURBO(ターボ)の開発者であるデジタルアーティストのレット・マンカインド氏は、ChatGPTの力を使って、わずか69ドルの予算で、ミームコインを作成しました。

具体的には、仮想通貨市場の時価総額ランキングでトップ300にランクインするミームコインを作成することをAIに命令。

レット・マンカインド氏は、その経緯をYouTube動画で話しています。

彼はまず、ChatGPTにミームコインの名前を決めてもらいました。それから、ツイッターの投票などをへて、現在の名称TURBO(ターボ)に落ち着きます。

さらに、AIの画像生成ツールである「Midjourney」で、現在のヒキガエルの画像を作成しTURBO(ターボ)のマスコットになりました。

69ドルという予算を提示していたため、TURBO(ターボ)を設計するスマートコントラクトをプログラムする予算が大ピンチを迎えましたが、なんとChatGPTはTURBO(ターボ)のスマートコントラクトまで記述し、最終的には一部のフォロワーによってテストと検証が行われ完成しました。

その後も、ChatGPTはプロジェクトを進めるためのアイデアを提供し続け、TURBO(ターボ)の開発者はAIに言われるがまま

  • クラウドファンディング
  • ソーシャルメディアでの宣伝
  • エアドロップ(無料配布)

などの戦略を実施しました。

そして現在のTURBO(ターボ)の成功があるというわけです。

このようなストーリーには、私の個人的な見解ですが「いやいや、開発者、かなり自分で考えてるでしょ」と言いたくなります。

しかし、ChatGPTに花を持たせることで、ミームコインが成長していくための話題性を獲得することができたのかもしれません。

TURBO(ターボ)はカエル系ミームコイン「ぺぺコイン」などを参考に設計

TURBO(ターボ)を開発したAI「ChatGPT」は、TURBOトークンの設計時、

  • トランザクション手数料(税金)の免除
  • コントラクトの放棄
  • プレセールはしない
  • 大量保有者に対する制限を儲ける

などの条件が盛り込みました。

上記のトークン設計は、既存の人気ミームコインであるウォジャック(Wojak)、ぺぺコイン(Pepe)などのトークンノミクスの例をChatGPTに教えたことで、ChatGPTが「では、TURBOトークンはこうしよう!」と吐き出したようです。

このことから、TURBO(ターボ)がこれらのミームコインと設計上類似点があり、急激な成長を遂げる可能性も期待されています。

急騰が期待されているミームコイン「ウォジャック(Wojak)」については以下の記事で将来性を詳しく解説していますので、TURBO(ターボ)に興味があるあなたはぜひ記事を読んでみることをおすすめします。

また、ウォジャック(Wojak)やぺぺコイン(Pepe)の成功からも、ミームの元ネタが面白く、インパクトがあって笑えることが大切だということも学べます。

そうしたことから、TURBO(ターボ)はぺぺコイン(Pepe)のようなカエル系ミームコインとなったのでしょう。大高騰をみせミームコインブームを再燃させたぺぺコイン(Pepe)については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

TURBO(ターボ)は、AIを使って新たな可能性を切り拓いていくことから、単体でもインパクトのある仮想通貨であるといえます。

しかしそれに加えて、既存の成功したミームコインの「関連銘柄」としても、投資家は価格上昇への期待を膨らませています。結果、今後のTURBO(ターボ)の成長にも期待が持てる展開になっています。

イーロンマスク氏がTURBO(ターボ)投稿にリプライで高騰へ

TURBO(ターボ)に関するツイートに対し、著名なイーロン・マスク氏がリプライ(返信)をしたことで、TURBO(ターボ)の価格が上昇へ向かっています。

マスク氏は、テスラやスペースXのCEOとして知られるだけでなく、暗号通貨業界に対する影響力も非常に大きい人物です。彼の言動は、市場参加者の期待や投資判断に大きな影響を与え、数々の草コインを急騰させてきました。

TURBO(ターボ)の価格への効果は短期的な価格変動だけではないかもしれません。

時価総額トップ10入りも果たしているドージコイン(DOGE)は、イーロンマスク氏によるお墨付きでミームコインでありながらその地位を確立したためです。

もちろん、インフルエンサーの発言だけでTURBO(ターボ)への投機を決めることはおすすめしません。

しかし一部の投資家の間で、イーロンマスク氏のTURBO(ターボ)へのリプライが今後の何らかなサプライズにつながり、価格上昇に繋がるのではないかとの期待が高まっているのも事実です。

TURBO(ターボ)は今後、バイナンスへの上場で高騰する可能性も

TURBO(ターボ)は最近、大手仮想通貨取引所MEXCに上場し、その結果、一定の将来性が示唆されました。MEXCの上場により、TURBO(ターボ)はより多くの投資家の目に触れ、その価値が高まるでしょう。

さらには、将来的には世界最大級の取引所であるバイナンスへの上場も期待されています。

TURBO(ターボ)は、バイナンスへの上場を決めて急騰したぺぺコイン(PEPE)のように、そのタイミングでさらなる価格上昇が起こる可能性があります。

バイナンスは現在、日本居住者への新規登録を禁止しているため実感しにくいですが、世界的に、バイナンスへの上場でアルトコインの信頼性、取引量や注目度もケタ違いにアップします。

これらから、TURBO(ターボ)は今後も成長し続けるミームコインとして注目です。

現在のところ、世界でもっとも出来高が高くTURBO(ターボ)の取引が活発なMEXCで購入しておき、バイナンス上場による上昇期待を待ち構えるといった戦略も考えられます。

TURBO(ターボ)のロードマップ

ロードマップとは、プロジェクトの目標や進行状況を時系列で示す計画のことです。TURBO(ターボ)は、しっかりとしたロードマップはありませんが、努力目標として以下のようなロードマップを示しています。

2023年第2四半期:

  • トークンの作成とスマートコントラクトの開発(完了)
  • ウェブサイトの立ち上げ(完了)
  • コミュニティの構築とマーケティングキャンペーン

上記の「コミュニティの構築とマーケティングキャンペーン」により、TURBOトークンの認知度を向上させ、結果的な価格上昇につながる可能性があります。

2023年第3四半期:

ここからは、特定のロードマップはありません。コミュニティ主導で新しい目標や活動が展開されることが期待されています。

TURBO(ターボ)の価格チャート推移

TURBO(ターボ)の価格チャート推移は以下のとおりです。

2023年5月4日に0.00064ドル→0.00300ドルへと、MEXCに上場してからの短期でも約5倍と、急騰をみせています。

TURBO(ターボ)の買い方・取引所での購入方法

TURBO(ターボ)のもっとも楽かつベストな買い方は、以下のステップです。

  • 買い方手順①コインチェックでXRPを買う
  • 買い方手順②MEXCにXRPを送る
  • 買い方手順③MEXCでXRPをTURBO(ターボ)に交換する

順番に解説します。

買い方手順①コインチェックでXRPを買う

TURBO(ターボ)は、送金手数料の安い仮想通貨XRP(リップル)を経由して購入すると節約になるため、仮想通貨取引所でXRPを入手しましょう。

値上がりした仮想通貨を日本円に交換するためにも、あらかじめ国内の取引所を開設しておくと便利です。

XRPが購入できるコインチェック(Coincheck)の登録がお済みでない方は、以下より口座開設を先に済ませます。

最短5分で口座開設

 

上記で口座開設と、コインチェックへの日本円の入金を済ませたら、コインチェックでXRPを購入します。

コインチェックにログイン後、①販売所をクリック、②XRPを選択、③購入するXRP量を入力、④購入するをクリックしてください。

買い方手順②MEXCにXRPを送る

次に、海外取引所MEXCへXRPを送金します。

MEXCはTURBO(ターボ)の入手に必要なため、まだMEXCの口座をお持ちでない方はMEXC公式サイトより開設しておきましょう。

約1,500銘柄から有力アルトコインを発掘!

 

次に、コインチェックにログインし、「暗号資産の送金」をクリックします。続けて「送金する通貨」「送金先」「送金目的」「送金額」などを入力していきます。完了したら、最後に「次へ」を押しましょう。

なお、上の画像の「送金先」には、MEXCの入金アドレスをコピー&ペーストで入力してください。

MEXCの入金アドレスを取得するには、MEXCにログインします。

そして、①ウォレット、②概要をクリックしてください。

以下の画面で、検索窓に入金したい通貨の「XRP」を入力するか、画面をスクロールしてXRPを探します。入金したい通貨が見つかったら「入金」をクリックしましょう。

次の画面で、「トークンの詳細」が入金したい通貨になっていることを確認し、「利用可能なネットワーク」を選びます。「入金アドレス」に文字列が表示されます。これをコピーしてコインチェックの「送金先」にペーストします。

なお、XRPの送金のみ上記画面の「メモ(Memo)」の入力も必要になるため、合わせてコピーしておきます。

買い方手順③MEXCでXRPをTURBO(ターボ)に交換する

MEXCで画面上部の「市場」をクリックし、以下の画面の「暗号資産/ETF/先物を検索する」の検索窓で通貨ペアを探し、XRP→TURBO(ターボ)に交換しましょう。

XRP→TURBOは直接的には交換できないので、まず「XRP/USDT」でUSDTに交換してから、「TURBO/USDT」でTURBO(ターボ)に交換すれば完了です!

TURBO(ターボ)の買い方まとめ

今回はTURBO(ターボ)とはどのような仮想通貨なのかや、その将来性、買い方について解説してきました。

TURBO(ターボ)のもっとも楽かつベストな買い方は、以下のステップです。

  • 買い方手順①コインチェックでXRPを買う
  • 買い方手順②MEXCにXRPを送る
  • 買い方手順③MEXCでXRPをTURBO(ターボ)に交換する

日本ではまだTURBO(ターボ)トークンはそれほど話題になっていませんが、それは、投資家にとって大きなチャンスを意味している可能性があります。

ぺぺコイン(PEPE)のときもそうでしたが、この早い時点で投資を行うことで、大衆がTURBO(ターボ)に注目し始める前に買っておくと利益を得やすいです。

また、ファンダメンタルズ的にも、TURBO(ターボ)の将来性は悪くありません。

ChatGPTにより最初に作成されたミームコインということで、市場で既に成功を収めている他のコインと比較しても、十分にブランド力があります。

ミームコインへの投資はハイリスク・ハイリターンになりやすいことをくれぐれも注意の上、あなたもTURBO(ターボ)への投資を検討してみてくださいね。

TURBO(ターボ)を買うなら、国内アプリダウンロード数No.1のコインチェックを無料口座開設し、取扱のある海外取引所MEXCに仮想通貨を入金しておく必要があります。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会に口座開設をサクッと済ませておきましょう。

コインチェック

最短5分で口座開設

 

コメント