仮想通貨TOMI(tomiNet/トミ)とは?将来性や取引所での買い方、特徴を解説

暗号資産

あなたは、仮想通貨TOMI(tomiNet/トミ)について以下のような疑問はありませんか?

  • TOMI(tomiNet/トミ)とは?
  • TOMI(tomiNet/トミ)は将来性はあるの?
  • TOMI(tomiNet/トミ)の買い方、取引所での購入方法は?

この記事では、上記のような悩みについてお答えしていきます。

TOMI(tomiNet/トミ)は、2023年1月に1TOMI=0.1ドルだったのに対し、現在は3.1ドルで推移し、短期間で31倍(一時的な高値5.5ドルで計算すると55倍)に上昇する爆発的な成長を遂げています。

その背後には、TOMI(tomiNet/トミ)が既存のインターネットの問題を解決する大発明である可能性があるからです。

TOMI(tomiNet/トミ)は、完全なプライバシーと匿名性を提供するインターネットプラットフォームであり、中国などネット検閲が強い地域の人々が利用できる「もう1つのパラレルインターネット」を生み出しました。

そんなパラレルインターネットの世界で、使用されるTOMIトークンは、DAO投票やインセンティブの決済、ドメインの購入など、多様な使い道と価値を持っていることから、価格を上昇させています。

そこで今回は、注目が集まるTOMI(tomiNet/トミ)とはどのような仮想通貨なのかや、その特徴、将来性、取引所での買い方について解説していきます。

\この記事のYouTube動画版/

当コインのベストな買い方は、コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を購入し、取扱のある海外取引所MEXCに送金する流れです。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会に口座開設をサクッと済ませておきましょう。

\アプリダウンロード数No.1/

公式サイト:https://coincheck.com/ja/

TOMI(tomiNet/トミ)とは検閲不可能な「もう1つのインターネット世界」を生み出す仮想通貨プロジェクト

名称 tomiNet
ティッカー TOMI
ブロックチェーン イーサリアム(ERC-20)
公式ツイッター https://twitter.com/tomipioneers
公式サイト https://tomi.com/

TOMI(tomiNet/トミ)は、新しいインターネットを作る仮想通貨プロジェクトです。既存のインターネット(Web2)と新しいインターネット(Web3)を組み合わせることで、仮想通貨の力でプライバシーを守り、個人が自分のデータや資金を管理できるようにします。

これにより、大企業が支配する現在のインターネットから、全世界のユーザーは解放されて自由になることができます。

TOMI(tomiNet/トミ)の作る検閲のないインターネットは、ごく一般的なブラウザでアクセスできます。

それは、TOMI(tomiNet/トミ)は、現在のインターネットの基本的な技術をそのまま使い、その上で、仮想通貨やブロックチェーンという新しい要素を追加しているからです。

その昔、すでに存在した技術の「ブロックチェーン」と「暗号技術」を組み合わせて、ナカモト・サトシがビットコインを生み出したのと同じ構図といえるでしょう。

\今すぐ買いたい方の結論/

TOMI(トミ)トークンとは

TOMI(トミ)は、TOMI(tomiNet/トミ)のプロジェクトを維持するため、開発者に報酬を与えたり、投資家に利益をもたらしたりすることを目的で発行されたメイン通貨です。

TOMIトークンは以下のようにいくつかの重要な役割が与えられており、これによって長期的な価格上昇が見込まれています。

  • 意思決定への参加:TOMIトークンを使って、tomiDAO(TOMIの運営方針を決める組織)の投票や意思決定に参加できます。
  • 報酬の提供:TOMIトークンを使って、プロジェクトに貢献する人々に報酬を与えることができます。
  • 開発資金の支払い:TOMIトークンは、プロジェクトの開発に必要な資金を支払うために使用されます。
  • ウェブサイト関連の支払い:TOMIトークンを使って、検閲に強いウェブサイトのドメインやホスティング費用を支払うことができます。
  • 商品やサービスの購入:TOMIトークンを使って、tomiNet(TOMIのインターネット)上での商品やサービスの支払いができます。

TOMI(tomiNet/トミ)のプロジェクトの存在意義が高まっているのは「検閲」の存在

仮想通貨TOMI(tomiNet/トミ)が生まれた背景には、厳しい検閲があります。多くの国で、政府や企業がインターネットの内容を規制し、表現の自由を求める人々や企業が今のインターネットで活動しにくい状況になっています。

特に、イラン、中国、サウジアラビアなどの国では、厳しい規制が増えており、これが企業や市民の基本的な自由を侵害しているという問題が指摘されています。

インターネットが政府や企業によって制限されることで、自由に情報を発信・受信する権利が制約されています。これを明確に解決するのが、TOMI(tomiNet/トミ)プロジェクトの役割です。

そこには、大きな経済的価値があります。

TOMI(tomiNet/トミ)の簡単な仕組み

TOMI(tomiNet/トミ)が新しいインターネットを作るために、どのような技術や仕組みを利用しているのでしょうか?

以下に、それぞれの技術や仕組みを簡単に説明します。

  • TCP/IP および DNS プロトコル:インターネットの基本的な通信ルールや、ウェブサイトのアドレスを管理するための仕組みです。
  • TOR および Starkware:プライバシー保護と匿名性を提供する技術です。これらを使うことで、ユーザーの情報が秘密に保たれます。
  • イーサリアム および Starkware:仮想通貨の作成や取引を可能にする技術です。これにより、ユーザーが仮想通貨を安全に管理できます。
  • DAO テクノロジ:分散型自律組織(DAO)の技術で、エコシステム全体の運営や決定をユーザー自身が行えるようにする仕組みです。

つまり、TOMI(tomiNet/トミ)は、これらの既存の技術をうまく組み合わせることで、1つの答えを出した新しいインターネットの発明です。

TOMI(tomiNet/トミ)の発明により、ユーザーが自由で民主的な環境で活動できるようになることを期待しましょう。

\今すぐ買いたい方の結論/

仮想通貨TOMI(tomiNet/トミ)の3つの特徴

TOMI(tomiNet/トミ)の特徴は、プロジェクトが匿名性を守るための以下の3つのプロダクト(発表した製品)をリリースしていることです。

  • トミ プライバシー レイヤー(TPL)
  • 独自ブラウザ「TOMI BROWSER」
  • 独自決済システム「トミPay」

順番に解説します。

トミ プライバシー レイヤー(TPL)

トミ プライバシー レイヤー(TPL)とは、ユーザーがDeFi(分散型金融)に完全な匿名性とセキュリティを持ってアクセスできる仕組みです。

トミ プライバシー レイヤー(TPL)は、TOMI(tomiNet/トミ)独自のステーブルコイン「tpUSD」を導入しています。これにより、ユーザーは完全匿名のステーブルコインを手に入れられます。

独自ブラウザ「TOMI BROWSER」

TOMIBROWSERとは、TOMI(tomiNet/トミ)が開発した専用のブラウザです。これを使うと、通常のインターネット(WWW)と同じように使うだけで、プライバシーを保護し、匿名性が保たれます。

TOMIBROWSERは、匿名性の高いTOR、Brave、Chromiumといったオープンソースのコードを基に作られています。

また、このブラウザを使うと、tDNS(TOMI用のDNS)とICANNのDNSを切り替えることができ、「通常のインターネット世界」と、「TOMIのインターネット世界」を行き来できます。

将来的にはさまざまなブラウザがTOMI(tomiNet/トミ)のインターネットの閲覧に対応できるようになる予定とのことです。

独自決済システム「トミPay」

「トミPay」とは、TOMI(tomiNet/トミ)の決済システムです。

TOMI(tomiNet/トミ)のインターネット「tomiNet」上で活動する開発者やウェブサイトの所有者は、TOMIトークンを使ってネットワーク内で支払いを行う必要があります。そのときに、これを使います。

TOMIトークンを使うことで、ネットワークの維持や発展に貢献し、政府や企業による検閲やブロックから回復する「武器」です。

「トミPay」は、TOMIトークンやその他の仮想通貨を幅広く扱えるマルチチェーン支払いシステムでもあるので、通常のウォレットと同じように、仮想通貨決済にも使えます。

\今すぐ買いたい方の結論/

TOMI(tomiNet/トミ)の将来性を考察

仮想通貨TOMI(tomiNet/トミ)の将来性は、以下の4点から高いと考察できます。

  • TOMI(tomiNet/トミ)はニーズが大きい「検閲回避」を提供している
  • TOMI(tomiNet/トミ)は専門知識なしでも簡単に扱えて普及しやすい
  • TOMI(tomiNet/トミ)のインターネット世界のNFTが高騰の可能性がある
  • TOMI(tomiNet/トミ)は無法地帯にならないようDAOで制御されている

それぞれ順番に解説していきます。

TOMI(tomiNet/トミ)はニーズが大きい「検閲回避」を提供している

TOMI(tomiNet/トミ)は、現代のインターネットにある多くの問題を一挙に解決でき、非常に需要が大きい仮想通貨です。

現在、個人データの収集や検閲、権利の制限など、ユーザーの自由とプライバシーが脅かされています。しかし、TOMI(tomiNet)は「新しいインターネット」を立ち上げてしまう荒技で、自由とプライバシーを保ちます。

また、既存のインターネットはプロトコルが規制され、検閲される問題も存在します。TOMI(tomiNet/トミ)は、仮想通貨の力で「分散型のインターネット」を構築することで、政府や企業による検閲から解放されたネットワークを提供します。

歴史的に見ても、上流階級が下層階級の行動や権利を制限して社会秩序を維持してきました。しかしTOMI(tomiNet/トミ)は、分散型のインターネットを通じて、誰にでも教育や知識へのアクセス、財産や契約の権利、言論の自由などの基本的権利を保護します。

すべての日本人がTOMI(tomiNet/トミ)を必要としているわけではありませんが、社会主義、独裁主義、監視社会が問題となっている国の存在は、誰でも思い浮かぶはずです。

こうした国から、TOMI(tomiNet/トミ)の価値が認められていくことになるでしょう。

TOMI(tomiNet/トミ)は専門知識なしでも簡単に扱えて普及しやすい

TOMI(tomiNet/トミ)を利用するのは難しく感じるかもしれませんが、実際には参入障壁は低いです。

現在のインターネットと同じ基本プロトコル(TCP/IPやDNS)を使っているため、すでに利用している技術との互換性があります。VPNのようなプライベートネットワークも対応しています。

TOMIを使うために必要なのは、従来のWWWや政府管理のDNSではなく、tDNS(TOMI用のDNSプロトコル)を使ってアクセスできるブラウザだけです。

TOMI(tomiNet/トミ)のインターネット世界のNFTが高騰の可能性がある

TOMI(tomiNet/トミ)のインターネットで使えるURLは「○○.com」や「○○.jp」などではなく、「○○.tomi」です。

TOMI(tomiNet/トミ)では、このようなURLの所有権がブロックチェーン上のNFTとして発行できます。またこのURLのアドレスは暗号化されており、検閲が困難です。

URLがNFTとして売買できる仕組みはTOMI(tomiNet/トミ)だけではなく、幅広く「Web3アドレス」などと呼ばれています。

Web3アドレスは今後爆発的な普及をみせることも期待されているので、TOMI(tomiNet/トミ)の新たなインターネットで「○○.tomi」の「○○」の部分に希少性が高いURLなどは、高値で取引されることになるでしょう。

結果、多くのドメイン(URL)のNFTが高騰すれば、TOMIトークンの価格も上昇しやすいといえます。

TOMI(tomiNet/トミ)は無法地帯にならないようDAOで制御されている

TOMI(tomiNet/トミ)は、分散型のインターネットを構築し、大企業や政府などの大規模な組織による検閲や制御から自由にすることを目指しています。しかし、TOMIは無秩序で無法地帯のインターネットを作ろうとしているわけではありません。

TOMIは、DAO(分散型自律組織)とプライバシー保護の仕組みを導入して、ネットワークを適切に管理しています。

TOMI(tomiNet/トミ)のDAOは、TOMIの利用者が参加して決定を下す仕組みで、ネットワーク全体のルールやガイドラインを決める役割があります。

TOMI(tomiNet/トミ)のコミュニティガイドラインは、TOMIの利用者が共同で作成した、インターネット上での行動やコンテンツに関する最低限の道徳的基準です。

これらのガイドラインは、

  • 違法な行為
  • 違法な暴力的なコンテンツ
  • 違法なポルノ

など、ダークウェブで問題となっているような行為を禁止する目的で設けられています。

つまり、TOMI(tomiNet/トミ)は、自由でプライバシーが保護されたインターネット環境を作りつつ、最低限の道徳的基準に基づいて適切な管理を行っています。

国家などの組織からの検閲や圧力を受けることなく、道徳も守れるという両立をDAOによってTOMI(tomiNet/トミ)は実現しているので、長期的にも、政府に目を付けられることなく持続成長が可能なプロジェクトといえます。

TOMI(tomiNet/トミ)のDAOは「トミパスポート」保有者のみ参加可能

TOMI(tomiNet/トミ)には、DAOの会員証の役割を持つ「tomiパスポート」があります。これは、TOMIの「専用ID」ですね。

このIDは、さまざまなサイトでのログインに使うことができます。

tomiパスポートは、ゼロ知識証明という技術を使うことで、自分の情報を安全に共有でき、サイトに対してどの情報をどのくらいの期間共有するか、デジタルIDのバックアップをどこに保存するかなども自由に決められます。

そのためtomiパスポートは、非常に利便性の高いシステムとして注目です。

総合すると、これらのメリットからTOMI(tomiNet/トミ)のパラレルインターネットが検閲の厳しい国を中心に普及していけば、トークン価格の上昇につながる可能性は高いといえます。

\今すぐ買いたい方の結論/

TOMI(tomiNet/トミ)の運営企業・運営メンバー

TOMI(tomiNet/トミ)の運営チームは匿名で構成されており、8人の創設者は、仮想通貨プロジェクトの経験豊富な上級管理職、チームメンバー、開発者、およびシード投資家であるとのことです。

なぜ匿名なのかというと、公式サイトで自分たちの名前を明かすとプロジェクトの性質上、危険にさらされる可能性が高いためとしています。

また、TOMI(tomiNet/トミ)の運営チームは、ビットコインの創設者サトシ・ナカモトが匿名を選んだことに触れて、サトシが匿名を選択した理由は、人々に「人物」ではなく「作品(ビットコイン)」自体を評価してもらいたかったからだと述べています。

TOMI(tomiNet/トミ)はこのサトシの選択が正しいと信じているため、自らも素性を明かさない道を選んだわけです。

またTOMI(tomiNet/トミ)は運営メンバーではなくDAOメンバーが権限を握っているため、運営メンバーの信頼性にプロジェクトは依存していません。そうしたこともTOMI(tomiNet/トミ)が匿名チームで成り立っている要因といえます。

TOMI(tomiNet/トミ)の提携先企業(パートナーシップ)

TOMI(tomiNet/トミ)のロードマップ

TOMI(tomiNet/トミ)の価格チャート推移

TOMI(tomiNet/トミ)の価格チャート推移は以下のとおりです。

TOMI/USDT(2023年1月~4月末)MEXC

2023年1月には1TOMI=0.1ドルでしたが、現在は3.1ドルで推移しており、短期間で31倍(一時的な高値5.5ドルで計算すると55倍)に上昇しています。

TOMI(tomiNet/トミ)の買い方・取引所での購入方法

仮想通貨TOMI(tomiNet/トミ)のもっとも楽かつベストな買い方は、以下のステップです。

  • 買い方手順①コインチェックでXRPを買う
  • 買い方手順②MEXCにXRPを送る
  • 買い方手順③MEXCでXRPを仮想通貨TOMI(トミ)に交換する

順番に解説します。

買い方手順①コインチェックでXRPを買う

TOMI(tomiNet/トミ)は、送金手数料の安い仮想通貨XRP(リップル)を経由して購入すると節約になるため、仮想通貨取引所でXRPを入手しましょう。

値上がりした仮想通貨を日本円に交換するためにも、あらかじめ国内の取引所を開設しておくと便利です。

XRPが購入できるコインチェック(Coincheck)の登録がお済みでない方は、以下より口座開設を先に済ませます。

最短5分で口座開設

 

上記で口座開設と、コインチェックへの日本円の入金を済ませたら、コインチェックでXRPを購入します。

コインチェックにログイン後、①販売所をクリック、②XRPを選択、③購入するXRP量を入力、④購入するをクリックしてください。

買い方手順②MEXCにXRPを送る

次に、海外取引所MEXCへXRPを送金します。

MEXCはTOMI(tomiNet/トミ)の入手に必要なため、まだMEXCの口座をお持ちでない方はMEXC公式サイトより開設しておきましょう。

約1,500銘柄から有力アルトコインを発掘!

 

次に、コインチェックにログインし、「暗号資産の送金」をクリックします。続けて「送金する通貨」「送金先」「送金目的」「送金額」などを入力していきます。完了したら、最後に「次へ」を押しましょう。

なお、上の画像の「送金先」には、MEXCの入金アドレスをコピー&ペーストで入力してください。

MEXCの入金アドレスを取得するには、MEXCにログインします。

そして、①ウォレット、②概要をクリックしてください。

以下の画面で、検索窓に入金したい通貨の「XRP」を入力するか、画面をスクロールしてXRPを探します。入金したい通貨が見つかったら「入金」をクリックしましょう。

次の画面で、「トークンの詳細」が入金したい通貨になっていることを確認し、「利用可能なネットワーク」を選びます。「入金アドレス」に文字列が表示されます。これをコピーしてコインチェックの「送金先」にペーストします。

なお、XRPの送金のみ上記画面の「メモ(Memo)」の入力も必要になるため、合わせてコピーしておきます。

買い方手順③MEXCでXRPをTOMI(トミ)に交換する

MEXCで画面上部の「市場」をクリックし、以下の画面の「暗号資産/ETF/先物を検索する」の検索窓で通貨ペアを探し、XRP→TOMI(トミ)に交換しましょう。

XRP→TOMI(トミ)は直接的には交換できないので、まず「XRP/USDT」でUSDTに交換してから、「TOMI/USDT」でTOMI(tomiNet/トミ)に交換すれば完了です!

TOMI(tomiNet/トミ)の買い方まとめ

今回はTOMI(tomiNet/トミ)とはどのような仮想通貨なのかや、その将来性、買い方について解説してきました。

仮想通貨TOMI(tomiNet/トミ)のもっとも楽かつベストな買い方は、以下のステップです。

  • 買い方手順①コインチェックでXRPを買う
  • 買い方手順②MEXCにXRPを送る
  • 買い方手順③MEXCでXRPを仮想通貨TOMI(トミ)に交換する

インターネットの自由とプライバシーが制限される現代社会において、TOMI(tomiNet/トミ)のようなプロジェクトが早く普及することを願っている国の人は多いでしょう。

特に、中国のインターネット検閲は、その最も顕著な例の1つで、政府当局が情報へのアクセスを制御し、ウェブサイトを大規模にブロックしています。

しかし中国人はひそかに、仮想通貨が規制されているにもかかわらずビットコインを大量に保有していますよね。

同じく、TOMI(tomiNet/トミ)についても今後多くの利用が見込まれていくことでしょう。

TOMI(tomiNet/トミ)の普及を待っている人がいる限り、仮想通貨TOMIの価格にも長期的な上昇への期待がもてるといえます。

検閲の解決は間違いなくニーズがある分野ですので、TOMI(tomiNet/トミ)が救世主となる日を楽しみに、私は投資をしてみる予定です。

あなたも、インターネットの自由のためにTOMI(tomiNet/トミ)への投資を検討してみてはいかがでしょうか?

当コインのベストな買い方は、コインチェックで手数料の安いXRP(リップル)を購入し、取扱のある海外取引所MEXCに送金する流れです。後回しにするとチャンスを逃すことも多いので、この機会に口座開設をサクッと済ませておきましょう。

\アプリダウンロード数No.1/

公式サイト:https://coincheck.com/ja/

コメント